2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

トップページ | 4年間なにをしていたか »

2010年5月17日 (月)

ヤブ山突撃隊の再起はあるのか?

ヤブ山突撃隊とは、平成10年の春、当時50歳ぐらいのおじさん三人組で結成した山口市内の登山グループである。ワンゲル出身のTさんが隊長に就任。同じくワンゲル出身のIさんは、その大きな躯体を活かしてクマ対策特殊部隊長。何の取り柄もない私〈N〉は観戦記者という役割でスタート。出来るだけガイドブックに紹介されていない山やルートを探すことをモットーに、まず、当時ヤブ山の盟主とされていた「水の尾山」への突撃を皮切りに、その後は、県内のヤブ山へせっせと突撃しては、その奮戦記をホームページにアップする週末の日々が続いた。

次第にこのサイトが県下の登山愛好家達の知られるところとなり、これに気をよくした我々はどんどんエスカレートして、ガイドブックを放り出して、桑原武夫氏の「西中国山地」や国土地理院の「点の記」を参考としながら、山口・広島・島根県境を中心とした西中国山地のバリエーションルートの探査にのめり込んでいった。

当時を振り返ってみると、この頃は県内の登山グループによるホームページの開設が相次ぎ、これに併行して、我々が走査した「飯ヶ岳の滑ルート、三ツヶ峰~野道山の縦走路、十種ヶ峰の神角ルート、雀谷山(鬼ヶ城)~飯ヶ岳縦走路」等のヤブが刈り払われて新ルートが開設されるなど、県内の登山情報は大きな盛り上がりを見せた時期だったと思う。

しかしながら、これとは裏腹に、平成16年頃になると、ヤブ山突撃隊の三人の職場環境はすっかり様変わりし、またそれぞれの家庭の事情もあって、活動は低調となり、サイトの奮戦記も単独行が中心となっていった。やがて休止状態となり、ついには平成18年5月にはホームページを休止することにした。

※当サイトは、「ヤブ山突撃隊」http://homepage2.nifty.com/yamayama-yamaguchi/に残しているので、ヒマがあったら覗いてみてください。

…さて、話は平成22年4月に飛ぶ。

今春、Iクマ対策特殊部隊長がめでたく停年退職を迎えた。その時、かねてから親交の深い樹木医のH氏から、「是非、Iクマ対策特殊部隊長の退職祝いの宴席を設けさせていただきたい」とのご提案があり、下っ端の私から、「これは…げに私の不徳の致すところ…皆様方のご臨席を是非とも賜りたく存じます…」ということで、ヤブ山突撃隊の三人とH氏、それに山口山の会のY氏を加えた五人が市内の小料理屋に集合することになった。

この五人は隊の活動休止後も個別には連絡は取り合っていたが、一同が一度に会するのは数年ぶりということもあり、昔話に大いに盛り上がり、ついには、都合のつかないH氏を除いた4人で、「とりあえずリハビリ登山をしてみようではないか!」とうことで話がまとまってしまった。

「え~と、広島の小川林道の源流をきちんと歩いていないので、とりあえず…林道の分岐に車を置いて、シナノキ谷を詰めて広高山に這い上がって、ボーギノキビレを抜けて冠山。山頂から少し下ったあたりから西斜面に入ってブナを観察しながら小川源流コースに当たる。少し下ればすぐに林道終点ですから一時間も歩けば分岐まで戻れます。今回は久し振りですから、匹見町の三葛まで行って、廃校になった小学校舎跡にある「夢ファクトリーみささ」に泊ってドンチャンやりましょう!」「よし、行くぞ!」「よし、呑むぞ!」ということで一件落着したのでありました。

こんなことで、ヤブ山突撃隊は再起は果たせるのか?…とりあえず、つづく。

トップページ | 4年間なにをしていたか »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。お元気でなによりです。やっとNさんにまたWeb上で逢えました。感激です。是非、再起と言わず、ヤブ山突撃隊第二節をお願いします。このブログ毎日見ますね。ではまた。

おお! あの「★わからんのだ!」さんですか!?
お元気でしたか…びっくりしました…何年ぶりでしょうか。
パソコンを変えたので、ホームページのデータがないし、古いソフトを貼り付けながらアップしていたので、サイトを修正することができません。こうしてとりあえずブログを書くことにしました。
ときどき覗いてください。それにしてもびっくりしました。

復活おめでとうございます。先日も鶴羽山の山頂からいまごろ田植えをされているだろうヤブ山(N)氏の姿を思い浮かべていました。さっそく、リンクさせていただきます。

そんなことより、ヤブ山氏の復活よりもっとびっくりなのがあの伝説の★わからんのだ!さんの登場。本人か?確か、過去ログがあったはず。
何やら最初からドラマチックな展開。

さて、毎日見ていただいて申し訳ないのですが、われわれ「シダ山突撃隊」奮戦記の方は、画像はたくさんあるのですが、文章が書けないので現在のところ、連載再開の目処は立っておりません。

ところでお近くの「八海山」は登れますか?山城があったようです。

おお…はちべえどの
大人の事情が多々ありまして、もうやめたつもりでしたが、生来の悪酔い癖が戻ってきました。
★わからんのだ!さんの真贋については、Iクマ対策特殊部隊長に任せたいと思います。強烈なファンですから。きっとわかると思います。…ただ、突撃隊の連中にはこのブログのことは全然話していないので、気づくまでにはしばらくかかるでしょう。
なお、八海は小学校区内ですが地理ゼロです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/48386188

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブ山突撃隊の再起はあるのか?:

トップページ | 4年間なにをしていたか »