2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« しごと | トップページ | はやぶさ »

2010年6月14日 (月)

モチベーション

エベレストに登ろうと準備をしている者にとっては富士山に登ることは簡単だが、富士山を最終目標にしている者がエベレストに登れることはない…という「エベレスト理論」がある。

この理論は以前から知られているが、まさに、蓮舫氏の「世界一になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか?」に対するぴったりの答えである。

二位を目指していたものが、仮に世界一になったとしても、それは偶然であり、その後も世界一を続けられる保証はない。絶えず世界一であり続けるためには、常に一位をキープするというモチベーションが必要である。

ボクは、「一位」と「トップグループに入る」はイコールだと思っている。トップになるために努力した結果が二位だったら、それは甘んじて受けるが、それは初めから二位を目指していたわけではないのだ。トップを目指して頑張ったのだ。

蓮舫氏の発言の真意は知らないし、分析する気もないが、「トップグループであればいいのではないか」ということを言いたかったのであれば、職員のモチベーションからすれば問題である。

1億円の事業費を削りたいのであれば、
「二位でいいから6千万円でやってくれ」と言うよりも、
「ほかと比べて少ないけど、6千万円で世界一を目指して頑張ってね」
と言う方がよっぽどかいい。

これがモチベーションを維持する言葉ではないか。
ただし、心の底からそう思っていない場合は、詐欺師か嘘つきになる。

« しごと | トップページ | はやぶさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/48629029

この記事へのトラックバック一覧です: モチベーション:

« しごと | トップページ | はやぶさ »