2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« おじさんたちの宴会 | トップページ | 土日の日記 »

2010年7月29日 (木)

参鶏湯(サンゲタン)

一昨日書いた先輩との暑気払いの番外編である。

場所は、山口市湯田温泉にある「Bang」(バン)という韓国料理の店。
我々三人は、ママが以前スナックをやっていたときからの馴染み客で、年に数回、この店で呑むことにしている。

数年前、藤原紀香がこの店の「参鶏湯」をブログかHPで紹介したところ、全国から注文が殺到したので、暫くの間は店を閉めて、バイトを雇って通信販売の仕込みと発送ばかりしていた店である。

ブームは今でもそこそこ続いているようで、ママは、
「リピーターが結構多いのよ」
「九州大の医者が、ガンの手術をした患者に勧めたのよ!」
と喜んでいたが、突っ込んで話を聞いてみると、
医者は参鶏湯を勧めたのであって、Bangのそれを勧めたわけではないことが分かって大笑いした。

ボクたちは、いつもチジミ、ホルモン、チゲ鍋ばかりを頼んでいるのだが、今回は、
「たまには人気の参鶏湯を食べてみようか?」
と注文したら、奥から出てきたママが、
「あんたらぁ~のような大酒飲みのアテにはどうかねぇ。
 コラーゲンたっぷりで美肌にいい健康食だから、
 家に持って帰って奥さんに食べさせてあげんさい!」
と言うので、(売り上げに協力して)土産に持って帰った。

翌日、女房が、
「飲み屋で、ええ恰好してから…」
とぶつぶつ言いながら説明書を片手に調理を始めた。

スープがついていて、長州どりのもも肉の間に米や朝鮮人参、松の実などが挟んである。
肉はトロトロに近く、スープもいける味だった。
美肌と滋養強壮にうってつけと聞いていたが、
まさに薬湯そのもので、何となく体には良さそうな風味だった。

妻も、
「案外いいわね」とつぶやいたので、「相当いい」のだろう。

…というわけで、興味のある方はホームページをどうぞ。

http://www.bang-sn.jp/index.html/

なお、「ヤブ山の紹介」といっても安くはなりません。
ママにはヤブ山のことは内緒にしています。

« おじさんたちの宴会 | トップページ | 土日の日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/49006318

この記事へのトラックバック一覧です: 参鶏湯(サンゲタン):

« おじさんたちの宴会 | トップページ | 土日の日記 »