2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 屋久島(番外編・雑感) | トップページ | いくさ »

2010年8月30日 (月)

激動の一週間

このところ日毎に環境が変わったので疲れた。

屋久島から帰って、すぐに東京に一泊二日の出張。
屋久島の自然を満喫したあと、灼熱の東京で6社を相手に連続のプレゼンテーション。
山小屋から快適なホテルになったというのに、かえって寝つきが悪かった。

翌日は実家で草刈り。
昼寝をしようとデッキに出たら、野球グランドからアナウンスが聞こえる。
上がってみると、対下関中央工業高との練習試合をやっていたので、昼下がりまで観戦。
午後3時過ぎから2時間ほど再び草刈りをして帰山。

日曜日はさすがにくたびれて何もする気が起こらず、
ブログをいじって夕方から早めの晩酌。

月曜日の今日は、朝から県内出張。
初対面の人と営業ベースの話をするのはホントに疲れる。

…そういえば東京出張の前に、インターンシップの学生たちに、
何かアドバイスしてくれと頼まれたので、こう言った。

「今のうちに素養を身に着けておきなさい。
 専門的な知識はあとでどうにでもなるので、
 学生のいま、しっかりと素養を身につけなさい」

一人の学生がこう聞いてきた。
「素養を身に着けるにはどうすればいいのですか?」

…思わず、
「バカか、お前は!そんなことは自分で考えろ!」
と怒鳴ってやろうかと思ったが、自重して、

「たとえば本を読みなさい。専門書ではなくて古典のようなものを。
 読みながら考えなさい。
 自分ならどうするかを考えなさい。
 社会を変えていくのは、あなたたち若者です。
 あななたちには開拓者になってほしいのです。
 でも異端児ではダメです。
 スタンダードに、かつドラスチックに物事を考えることを覚えなさい」

お目付け役のK君が、あとで、
「ヤブ山さん、えらく真面目な話をされましたね。
 てっきり、優しい顔をしながら
 ど~ん!と一発かまされると思っていたのですが…」
とからかったので、
「これが私の本来の姿である」
と言ってやった。

何かを吸収しようとする若者の目は輝いている。
それに引き換え、いまのボクはすっかり惰性で過ごしている。
それが恥ずかしかったから誤魔化しただけだ。

最近、自分が考えていることが正しい…というかマトモかどうか心配になる。
異端児になっていないか…ホンネのところは自信がない。

どうやら屋久島で見たあの石のようになっているのかな…。
045

« 屋久島(番外編・雑感) | トップページ | いくさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/49297679

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の一週間:

« 屋久島(番外編・雑感) | トップページ | いくさ »