« 中国事情 | トップページ | 中野冠山(1002.9m)、一兵山家山(951.7m):広島県北広島町(才乙) »

2010年10月 7日 (木)

ノーベル賞

今年、ノーベル化学賞の日本人受賞者が相次いだ。

夕方、帰宅すると、
「やっぱり、みんな優しいのね」
と、妻からいきなり言われた。

何のことか分からないので、問い返したら、
「ノーベル学者はとっても妻を大事にしてるわよ」
と冷たい。

その訳は、暫くテレビを見て分かった。
三人とも、どうやら
「これは自分だけのものではない。妻にこの賞を半分を捧げたい」
…というようなことを言っているのだ。

ボクは、苦し紛れに、
「恐妻家は追い詰められたら、テレビの前ではそんなことを言う」
と返したら、

「あなたに、そんなことを言う資格はありません」
と冷たく言われた。

ボクにノーベル賞の可能性があるとすれば、
平和賞しかないのだが、
このままでは、どうあがいても、どう努力しても……無理です。


 

« 中国事情 | トップページ | 中野冠山(1002.9m)、一兵山家山(951.7m):広島県北広島町(才乙) »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント

とりあえず、姫のご機嫌伺いで、週末に夫婦登山にいく

できれば、クマのいる山に

来週はヤブ山突撃隊で決まりなのですが、今週は全くの白紙。

鬼を連れてクマ退治をせよと?

奥方に「この本読んだ?」と言われる前に読んでいた方がいい本

池田清彦「オスは生きてるムダなのか」

生物学的にいかにメスの方が価値があるのか優遇されているのかおもしろく説いた科学エッセイ 軽く読めます

はい。心得ておきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/49676034

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞:

« 中国事情 | トップページ | 中野冠山(1002.9m)、一兵山家山(951.7m):広島県北広島町(才乙) »