« 土日の日記 | トップページ | 見栄張るおじさん »

2010年12月20日 (月)

節食・節水

今日は日帰りの県外出張。
よれよれのカッターシャツではまずいので、昨夜は念入りにアイロンかけをしたが、初日の何もしない方がシワガ少なかったので、そっちを選んだ。

昔はアイロン台なるものがあって、鍛冶屋の牛の角みたいな…枕のような自由自在に曲線にアイロンが掛けられた記憶があるが、我が家は断熱シート一枚だけなので始末に悪い。

表をピシッと伸ばしたら、裏にきっちり二枚しわが寄っている。

これは腕のせいではないと思うので、アイロンマットに向かって、
「お前は役に立たない奴だ」
と言っておいた。


さて、出張先に単身赴任をしている後輩がいて、別れ際に、
「夕方になると、今夜はなにを食べようか…外に出ようか…いつもの鍋セットにしようかと迷うんだよな」
と愚痴ったら、
「そんな散財をしてはいけません。夜は湯豆腐に限りますよ」

「??湯豆腐は昆布を入れたり、なかなか難しんだろう?」
と聞いたら、
「そんな難しいことをしてはいけません。予めチンして、あとは鍋でもう一度茹でたら出来上がりです」

「食えるか?」
「そんなことを考えてはいけません。食べるのです。豆腐一丁だから安いのです。食べられます」
「ほぉ~、それは安上がりだ」
「けして侮ってはいけません。長丁場はこれです」

早速、近くのスーパーで、豆腐と、ほうれんそうの白和え、朝用ののり巻を買った。
しめて五〇〇円以内であった。

チンができないので、鍋に入れてグツグツ煮たら灰汁が出てきたので火を消した。
ホウレンソウの白和えのラップを取って、こたつまで運ぼうとしたら携帯が鳴ったので、あわててとろうとしたら白和えを床にばっさりとひっくり返してしまった。

電話の相手は孫だったので、
「おじいちゃんでちゅよ! おばあちゃんのバカ!…と言ってみて!」
と教唆したら、いきなり、
「なんなの!」
と鬼婆が出てきたので、
「うるさい!}
とだけ告げて、あとは孫と会話にならない話をした。

散乱した白和えを拾い集めて、鍋に入った豆腐を眺めてみたが、どうみてもうまそうにないので、冷蔵庫からポン酢を探してきて、ついでに鰹節をあさってみたがどこにもなかった。

ようやく、いま完食したところだが、もう豆腐はいらない。
料理の世界において、まずくて量が多いのは最低とされる。

いままさにそれを体験した。
たった一斤と見くびっていたが、もぅいらない。
豆腐は豆腐だ。

頭にきた…豆腐で腹がはち切れそうなので、節水は忘れなければまた明日。

…それにしても、あいつは毎晩豆腐を一丁食べているのかなぁ?そういえば、心なしか痩せていたなぁ…。安いのは安いが、心まで痩せそうな気がする。

« 土日の日記 | トップページ | 見栄張るおじさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小生も毎日1丁、主に冷や奴で食べます。
豆腐を食べるときが日々の幸せを感じる瞬間です。
イソフラボンは体にいいです。

▼はちべえどの
私も豆腐は好きです。
が…豆腐をゆですぎました。
硬くなって腹いっぱいになりました。

それと、このブログがどうもバレたみたいなので、暫く休止するか、アドレス変更せざるを得ない状況です。
これにて…おしまいになるやもしれませぬ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/50353754

この記事へのトラックバック一覧です: 節食・節水:

« 土日の日記 | トップページ | 見栄張るおじさん »