2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 遅ればせながら謹賀新年 | トップページ | 仕事の日記 »

2011年1月 5日 (水)

まんま屋

山口市の湯田温泉に「まんま屋」というお総菜を売る店があることを暮れに知った。

クリスマス前にいちど行ったのだが、今日、改めて買い出しに出かけた。

店内は狭いが、かあさんが作ったお総菜がホテルのバイキングのように並んでいて、それを色々な種類のトレイをもって入れて回り、その重さだけで値段を払う仕組みである。

近所のスーパーのお総菜は、おからにしてもひじきにしても、どう食べても二人前なので困っていた。

この店は、弁当、家族盛り、単身用などのパックトレイがあるので、迷わず単身用の少なく盛るトレイを選んだ。

鳥の唐揚げを三つ、ホウレンソウのおひたし、ひじき、ポテトサラダ、エンドウ豆の胡麻和えをちょっとづつ入れて、レジで勘定すると528円だった。

女房とおなじぐらいのおばちゃん(おねえさんかもしれない)が、
「割り箸を入れておきましょうね」
と優しくいってくれたので、
「ありがとうございます」
と気持ちよく応えた。

暮れに行った時のおばちゃん(おばはんかもしれない)は、
「ポイントカードをつくられますか?」
と聞いたが、今日のおばちゃんは、割りばしのことをさりげなく言っただけだった。

男心を見事にとらえた立派なおばちゃんであった。
「奥さんがちょっと病気になっているので、困っているのでしょうが、あなたがんばってね…」
という雰囲気があった。

「今日の日記」
…生まれ変わったら、あんな(正確には…あの)おばちゃんと一緒になろうと思いました。

« 遅ればせながら謹賀新年 | トップページ | 仕事の日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


   やぶやまさん


 やぶやまさん  明けましておめでとうございます。今年も どうぞよろしくお願いいたします。

 お嬢様 体調が良くなられて 本当にご安心です。
 遠く離れていて 御心配でしたね。
家のことや 両方の御両親 その他諸々しっかりと留守を守られた やぶやまさん 立派です。 本当に お疲れ様でした。 金曜の夜は 祝杯ですね。
やぶやまさんの 切々たる心の日記を読ませて頂きながら 我が身に置き換え 色々なことを考えさせられました。  

  私は 年末 膝を痛めましたが だいぶ回復してきました。匹見の山々は すっかり深い雪に覆われていることでしょう。  雪が 解けてきたら  田起こしが始まる前に 山へ入りたいです。ぜひ ご案内してくださいね。

  今年も 慎ましく シンプルに 暮らしていきたいなと思っています。     

▼ぴっけさん
 こちらはひどい目にあっていますが、まあ大したことはありません。
 ちっとも切々な状況ではありませんが、面と向かっては言えないので、ここで女房の愚痴を書いています。
 ことしもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/50502344

この記事へのトラックバック一覧です: まんま屋:

« 遅ればせながら謹賀新年 | トップページ | 仕事の日記 »