« 雪国 | トップページ | ウォール・ストリート & ソーシャル・ネットワーク »

2011年2月12日 (土)

都市ビバーク

ようやく雪が雨に変わった。
屋根の雪がなだれのようにバサバサ落ちてくるので、家の周りをうかつに歩けない。
地響きを立てて落ちてくるので、まともにくらったら大変なことになりそうだ。

隣の子どもたちが父親と雪遊びを始めた。
H23212_002

灯油は昨日二缶買っておいたし、さっき近くのスーパーで買い出しをした。
でもさらに大雪が続いて都市機能がマヒしたら、大型リュックに山道具を積んで、光に帰ろう。

実家まで70キロだから、まる1日歩けば帰られる計算になる。
ガスカートリッジは三缶あるので、途中のビバークにも耐えられる。

実家までたどりつけば、米とジャガイモと玉ねぎと畑の野菜がある。
それに、ガソリンと軽油と混合オイルの備蓄があるので、生活には困らないはずだ。

しかし、映画じゃないけれど、そんなものがあるところが一番はじめに襲われるに決まっている。
そうなったときは、実家の母に「携帯を持って○○に隠れて、ボクの帰りを待て」とメールしておこう。

次は残りの家族をどうするかだ。
酒でも飲んで考えるとするか。

« 雪国 | トップページ | ウォール・ストリート & ソーシャル・ネットワーク »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント

こちらも5㎝積もり、屋根の雪がなだれのように地響きを立てて落ちてきました。これでは、明日は山を下りて山行するのは難しいかも知れませぬ。

>しかし、映画じゃないけれど、そんなものがあるところが一番はじめに襲われるに決まっている。

裏山の猿がふかしイモにしろと待っているかも知れませぬ。

スタッドレスがなければ、東西ほうべんを雪中縦走して、70Kmの訓練をせねばなりませぬぞ。

今冬一番の雪になりました。
母からも様子をうかがう電話がありましたが、猿はどこかでビバーク中のようです。

チューリップを聴きながら、バンジョーを弾くと寂しくなります。
春は来ますかねぇ…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/50849219

この記事へのトラックバック一覧です: 都市ビバーク:

« 雪国 | トップページ | ウォール・ストリート & ソーシャル・ネットワーク »