2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 里帰り | トップページ | 責任 »

2011年3月20日 (日)

電気

東北関東大震災による原発事故で問題になっているのが、電気の供給である。
僕は専門外であるが、最近、この関係の仕事にちょっと関係しているので気付きを書く。

電気は、水力や風力発電のように、タービンを回せさえすれば簡単に作ることができる。
今では、太陽光や風力、潮力発電もあるので、これらを集めたらどうにかなりそうな気がするが、
それらをどう工面しても安定供給できないから、今では原子力発電に頼らざるを得ないのが現状である。

ところが、今回大変な事故が起こってしまった。
この原因は、日本の頭脳の先端である技術者に、早期の復旧と被害拡散防止をお願いしたい。
できるはずだ。

さて、そもそも発電について技術者に聞いてみると、「電気はためにくい」そうだ。
漬物のように、つくっておいて貯蔵することはむつかしいらしい。

最近流行りの電池や二次電池、はたまた燃料電池に任せてはどうかと思うが、それをつくるまでに膨大な電気を使うし、重たいし、原価は高いし、どうあがいても、安価で持続可能なエネルギーを供給できるシステムは考えられないようだ。

電気はいらないし、自給自足の生活でいいという人もいる。
それはそれでいい。
それでやってもらえるのなら、そうであってほしい。

要は、電気をどう造って、どう効率よく使うかだ。
政治と生活とエネルギー問題は切り離して議論すべきだ。

生活とエネルギー問題は、もともと政治がらみの議論がかみ合うジャンルではないと思う。

« 里帰り | トップページ | 責任 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/51172620

この記事へのトラックバック一覧です: 電気:

« 里帰り | トップページ | 責任 »