2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 先輩 | トップページ | 連休雑感~まとめ »

2011年5月 2日 (月)

連休雑感~その1

連休初日、コンビニに寄った時、
隣にとまった軽トラックから、小学校4~5年生ぐらいの女の子が下りてきた。
トラックの後ろをのぞいたり、周りを見渡しながらスキップをしはじめた。

運転席からおとさんとおぼしき男が降りてコンビニに入った。
女の子は…なにかいいことはないかなぁ…という雰囲気で車の周りをスキップしている。
どんな家庭の事情があるのか知らないが、彼女に引きつけられた。
あの子は、ちょっとでもいい…なんか興味深いことを見つけようとしているのだ。

父親と小さな女の子の生活だけかと…想像したら哀しくなって涙が出た。
ここで、母親が現れたら救われるがと思っていたが、父親が店から戻ってくると、
女の子は喜んで父親に飛びついた。

きっと、ふたりで幸せに過ごしているのだろう。
親子…男親と娘があんなに喜ぶ光景をひさしく見たことがない。
正しい家庭はあんなスキンシップがあるのか…驚いた。

…こんな具合に、連休雑感は続く。


« 先輩 | トップページ | 連休雑感~まとめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


   
   いつの頃からでしょうか・・・・長女は 父親に背を向けるようになりました。
  雨がふると ピンクの長靴を履いて  いつも お父さんと一緒に 赤いバケツいっぱいに 沢蟹を獲って帰って 満面の それはそれは かわいい満面の 笑みを浮かべていたのを 思い出します。 冬には 二人で光へ ウミネコをみたり 野鳥観察へ。お父さんと過ごした 楽しい日記を 書いていました。   
物事を 真剣にまっすぐにしか 捉えることのできない性格は いつしか長女を生きにくくさせ とても 辛そうでした。
父親へ対する態度も 変化してゆき  氷のように閉ざした心を なかなか 開こうとしてくれません。
「お父さん ごめんね  あんなふうに 育ててしまったのは  母親の私じゃけえ・・・」
「俺は かまわんよ、」
とは  言ってはくれるものの・・・  私も 胸の内が苦しくてたまりません。夫に すまないという気持ちでいっぱいです。
親子にも 色々な 親子関係が あるものです。

コンビニの 父娘が これからも ずっと 心の通い会える親子であって欲しいと 願わずにはいられません。

▼ぴっけさん
親に胸の内を開いて成長する子供なんているんでしょうかね。
ボクの子供三人ともあっちむいてほい!です。
ちなみに、我が家では、
「あんな子になったのはあなたのせい」
と言われています。
…まあ、実の子と父親が仲がいいというのは嘘っぽいと思います。たぶん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/51559774

この記事へのトラックバック一覧です: 連休雑感~その1:

« 先輩 | トップページ | 連休雑感~まとめ »