2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ククリキ谷からガクガク岩(総集編)~島根県益田市匹見町三葛 | トップページ | テリトリー »

2011年5月16日 (月)

ククリキ谷からガクガク岩(写真編)~島根県益田市匹見町三葛

総集編にアップできなかった写真をどうぞ

沢の渡渉に苦労するT隊長
004


露岩の二股の高巻き
014


ククリキ谷からの落ち込み(露岩の二股)
015


ククリキ谷の踏み跡(高巻き)
024


ククリキ谷の上部
031


ククリキ谷の源流
034


ガクガク尾根への最後の急登
049

三葛には何度通ったか数えきれなくなってきた。
また三葛かと思われる方もあろうが、とにかくいいのだ。

つむぎ峡は散策路もだいぶ整備されてきた。
道がなくなってからが面白い。
大滝の巻き道は少しスリルがあるが何とかなる。
露岩の二股は直登できそうだが、それなりの装備がないと危険だ。

ククリキ谷はかなり奥まで巻き道らしき踏み跡が残っているが、右から大きめの沢が合流するあたりで消える。
その後は沢を歩くことになるが、今回のように増水直後でも登山靴で歩くことができた。
ただし、谷としてはウサゴエ谷のほうが面白いだろう。

ガクガク山の北尾根はなだらかな丘状で、尾根筋は見つけにくい。
登りに使うのであればコンパス片手に高いほうを目指せばよいが、下りに使うと難しいだろう。
踏み跡は全くなかった。
ガクガク尾根に這い上がる少し手前で、広高谷側に切り開かれたような地点が見えた。
恐らく例の整備されたワサビ田の上部と思われたが、調べる体力は残っていなかったし、ましてや造成地を目の当たりにしたら頭に血が上りそうだし、そんなものは見たくもなかったので、無視しながらガクガク尾根をめざした。
たぶん杞憂が当たっているような気がする。
「ヒロコウ谷を返せ!」と言いたい。


ガクガク尾根の踏み跡はとても薄い。
地図がないと無理だろう。
西のヨケ岩を1074ピークと勘違いしていたのは大誤算だった。
てっきりそうだと思い込んでいたので、次のピークから北尾根に入ってしまった。
いつまでたっても北西に向かう尾根が見つからないので、おかしいな?と思い始めたころに、西にもう一つ尾根が見えたので間違いに気がついた。
先入観は怖いと感じた。

それにしても西のヨケ岩の展望は素晴らしい。
右谷山からヤブヶ峠に少し降りたところに小五郎山の展望地があるが、それをはるかに超えている。
阿東の物見ヶ岳の天狗岩からの眺望もよいが、西のヨケ岩には到底及ばない。

それにしても三葛はいいところだ。

« ククリキ谷からガクガク岩(総集編)~島根県益田市匹見町三葛 | トップページ | テリトリー »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント


  やぶやまさん いいですねえ。  
  なんと深い自然ですね。写真を 見ているだけで  思わず ため息が 出てしまうよ  うです。   匹見の 財産ですね
  奥深く自然に分け入るにつれ やがて人の気配を感じなくなり 五感が研ぎ澄まされ  て 自分と自然が 一体化していくような感覚が なんともいえず・・・ 好きです。
  ククリキ谷 という 名前もまた 興味深い 
  私は とても ついて行けそうにありませんが せめて ブログを 読みながら 一緒に  歩かせていただきました。 

ぴっけさん 三葛はいいです。
私の田植えは6月中旬なのでその後にご一緒しましょう。
職場の若い連中で鍛えなければならないのがいるので、
そのときでよろしければお誘いします。
たぶん歩けます。大丈夫でしょう。

   忙しい 季節が やってきましたね。
 兼業農家とはいえ  土日百姓は 本当に大変ですね。我家も 1町もあり 夫も 疲れ果てています。 私も トラクタ=が 使えるようになるといいのですが・・・。
 定年まで あと 一息です。頑張ってくださいね。
 お母様は  田んぼの水の管理は まだ できますか? きっと 田んぼを見回ると 元気に なられるのではないでしょうか。ずっと 守り続けてきた 田んぼは お母様の 大切な 生き甲斐すよね。
  三葛 楽しみに しています。
  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/51686963

この記事へのトラックバック一覧です: ククリキ谷からガクガク岩(写真編)~島根県益田市匹見町三葛:

« ククリキ谷からガクガク岩(総集編)~島根県益田市匹見町三葛 | トップページ | テリトリー »