2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« テリトリー | トップページ | 夫婦の会話(その8ぐらい) »

2011年5月23日 (月)

日々雑感

土曜日はいつものように実家。
いつもと違うのは、このところ妻が同伴していることだ。

小物や壊れ物を毎週運んでいる。
ボクは倉庫の整理。
妻はキッチンや納戸、あちこちの押し入れを片づけている。

ときどき手帳を見ながら、メジャーであちこち測定している。
どうやら自分の思い描いている収め方を確認しているようだ。
母も横に来て、ときどき何か話している。
こんなとき男は邪魔なので、草刈りに精を出す。

母は、去年まで平坦地を草刈り機で刈っていた。
それが今春から急にできなくなった。

さっきまで晩酌をしながら妻と話をしたが、
「母にはできるだけ体と頭を動かすようにさせよう」で一致した。

このままズルズルと痴呆が進むのは、本人にとってあまりにむごい結末だろう。
少しでも、ちょっとでもスイッチが入るような…機会を与えてみたい。

次第に痴呆の時間が長くなってきたが、それでもスイッチが入ったときは、
「自分がボケていくのが情けないし、悔しい」
と切々と語る。

でもその舌の根が乾かないうちに、
「今日は何日だったかねぇ?」
と問うてくる。

できるだけ自分でやらせてみるつもりだ。
老後の自立とは かくも 静かで いとおしいものだ と悟った。


★刈っても刈っても草が生える
110521_160601

« テリトリー | トップページ | 夫婦の会話(その8ぐらい) »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/51750301

この記事へのトラックバック一覧です: 日々雑感:

« テリトリー | トップページ | 夫婦の会話(その8ぐらい) »