2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« とりあえず執行猶予 | トップページ | 雨乞い »

2012年5月31日 (木)

音感


一昨日、母と妻の帰りを待っている間に、この間から聴いているラグタイムの練習でもしようと思ってギターを引っ張り出した。


しばらく放っておいたので音が狂っている。
いつものようにフレットを抑えながら音を合わせ始めたのだが、どうもしっくりこない。微調整がうまくいかないのだ。

仕方がないのでピアノで合わそうとしたが、微妙な高低差がうまく聞き取れないことに気がついた。


…困った。
先日の健康診断では、聴力検査は「異常なし」だったのに、これはどうしたことか?

仕方がないので、ハーモニックスという倍音(弦に触れて高い音を出す方法)で合わせてみたら、なんとか調弦できた。

この音はとても高い音で、聴力検査の音と似たところがある。
検査は、高い音と低い音で調べるのだが、ボクの耳はどうやら通常の音域の聞き取りに問題があるのかもしれない。


そういえば時々、鬼嫁の言葉がうまく聞き取れないことがある。
鬼嫁の発音が悪いのかと思っていたが、ボクの耳のほうが悪かったのだろうか。


先日、足を踏み外して転落したことを書いたが、視力では深度調節、聴力では通常域の聞き取りに老化が始まっているのかもしれない。


その後のギターの練習では、指は動かず、リズムもドタバタして…情けなくなった。

おまけに、昔よく弾いていた曲をやろうとしたら、曲は頭の中に響いているのに、フレットに置く指の位置が思い出せないところがあった。

タブ譜を引っ張り出したが、メガネをはずしてもよく見えないので、とうとうギターを放り出してしまった。


今朝、その曲を頭に思い浮かべながら運転したのだが、ようやくフレットに置く指の位置が頭に浮かんできた。


…間違いなく認知症が秘かに進行している。

« とりあえず執行猶予 | トップページ | 雨乞い »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/54844229

この記事へのトラックバック一覧です: 音感:

« とりあえず執行猶予 | トップページ | 雨乞い »