2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 雨乞い③ | トップページ | 雨乞い④ »

2012年6月 8日 (金)

ボクは蛙

朝4時半に起きて外に出たが霧雨のような雨でガックリ!
インターネットで、下関気象台の「今後6時間の降雨予想」を見る。
昼前ごろから光市も少し降るらしい。


とりあえずどうしようもないので、仕事に出かける。
妻には、
「田んぼには水があたるようにしているから、上の田んぼに水がたまってきたら電話すること!」
と告げておいた。


周南を過ぎて戸田から防府当りになると雨脚が強くなった。
羨ましい!
山口市内もかなりの降雨があったような気配だ。

どうして必要な所に降らないのか…と、勝手に怒る。

昼前ごろ、妻から、
「土が隠れるぐらいになった」
というメールが来たので、午後から年休を取る。


焦って帰ってみると、まあまあ水がある程度だった。
妻に文句を言っても逆切れされるだけなので、黙って溜まるのを待つ。
蛙たちが元気よく啼き始めた。


下の田んぼは表面が濡れただけだ。
今日は上の田んぼだけでも仕上げようと心に決める。

H2468_001


少し水は足りないが、山からの出水があるうちに代かきを始めた。
井戸の水は下の田んぼのためになるべく使いたくない。

1時間後、なんとか代かき完了。
除草剤の乳液を降って歩く。
やさしいぴっけさんは、「ごめんなさい」と言いながら撒かれたそうだが、
ボクは、「あめあめふれふれ」とつぶやきながら撒いた。

H2468_004

5時前に今日の仕事を終える。
いまブログを書きながらネットで「6時間予報」を見たが、もう雨の峠は越えたようだ。

さっき、井戸のポンプを動かして下の田んぼに水を入れ始めたが、水量は少ない。
さて、明日の朝まで水が出続けるか?

天気予報が外れてほしい。

« 雨乞い③ | トップページ | 雨乞い④ »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

>天気予報が外れてほしい。

1  今夜の酒は抜く
2  鬼嫁のかわりに食器洗いをし、肩を揉む

これで効き目は確実

▼はちべえどの
①晩酌すでに十分とってしまいました。
②いま鬼嫁は皿洗い中…肩に触りどもすれば大変なことになりそうなので、「触らぬ神に祟りなし」です。

…アメダスも最悪の予想です。
あとは地下水がどれだけあるか?
明日までに水が溜まったら、代かきをして、次に雨が降る水曜日まで食いつなげるんですがねぇ…。

ほかに雨乞いの妙法はありませんかねぇ…。

H高の野球部がグラウンドに水を撒く時、「もっと勢い良くとばせ、とばさんと、ボールをかえさんけ~のう」とのたまう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/54911736

この記事へのトラックバック一覧です: ボクは蛙:

« 雨乞い③ | トップページ | 雨乞い④ »