2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 健康診断 | トップページ | 夜目 »

2012年6月20日 (水)

由布岳(大分県)

山口県は、台風4号の直撃を免れ、大雨も大事に至らなかった。
我が家の田んぼも、ヒョロヒョロ苗が風雨になんとか耐えてくれた。


今朝は台風一過で見通しが素晴らしかった。
防府市の富海PA付近では、海の向こうに由布岳の双耳峰がくっきりと浮かんで見えた。


由布岳は、子供たちが小さい頃、家族5人で登った。
しかし強風のため「マタエ」で引き返した。

あの時は、長者原でキャンプをして久住山に登り、もう一泊して由布岳に寄ったはずだ。

ちょうどオートキャンプが流行り始めたころで、我が家も九州や中国地方のオートキャンプ場に幕営しては山に登ることを繰り返していた。

その時のキャンプ道具のうち、ロッジ型のテントや安物のシェラフは廃棄したが、ヘキサゴン型のタープは出始めでかなり高かったので棄てられないでいる。


由布岳はちゃんと登っておかなければならないが、もう妻と二人でキャンプをする気力と気持ちは湧いてこない。

…湯布院に泊って「大名登山」が…関の山かもしれない。

« 健康診断 | トップページ | 夜目 »

登山・山歩き」カテゴリの記事

コメント

これが雨の威力か、嫌われることも多い雨もこんなパワーを持っていた。
10年くらい前のことだが、元勤務先某建設会社では安蔵寺山で作業する日が多くあった、夏のある日激しい夕立が降ったあと目の前に日本海と高島がくっきりと見える、物理的に見えるのは知っていたけど、あれだけ毎日来ていたのに見えたことは無い。
仕事中だったので持っていた高性能望遠鏡(レベル)で見た漁船や高島の廃校跡は指呼の感じ、若かった(?)けど長生きはするもんだと思った。

大気の汚れを普段気づくことは黄砂の時くらいですが毎日のようです。

▼tobinokoさん
山口市の東ホウベン山からも由布岳が見えることがあります。
九州は近い。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55011801

この記事へのトラックバック一覧です: 由布岳(大分県):

« 健康診断 | トップページ | 夜目 »