2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 農ある暮らし② | トップページ | ちょっと疲れました »

2012年7月 3日 (火)

今朝の危機管理


朝4時過ぎごろから、メールの着信音が断続的に鳴って、県下での大雨警報や洪水警報を知らせてきた。

昨夜は懇親会があったので、車は職場に置いたまま、最終電車の一つ前で帰った。

今朝は、駅まで鬼嫁に送ってもらう予定だったのだが、5時半ごろテレビに、「山陽本線は運転を見合わせ中」というテロップが流れた。

「すまんが防府駅まで送ってくれる? 駅前からバスに乗るから」
と話していると、今度は、
「国道262号が大雨により通行止め」
というテロップが流れた。

「ひゃ~!今日は絶対に外せない仕事があるから…職場まで送ってくれる?」
「いいわよ」
と、鬼嫁は仕事のことなら実に理解が早い。

そもそも今朝は、6時過ぎの電車に乗る予定だったので、いつもよりも30分早く支度をしていたので、6時過ぎには家を出る予定だった。


一方、昨晩、妹が母の様子を心配して泊まりに来てくれていたので、鬼嫁が義妹に、事情を話して、朝食の支度とデイサービスの引き渡しを頼んで出掛けた。
たまたま妹が来ていたから事無きを得たが、もし居なかったら母を一人で置いていけないので、ボクの仕事と母のどっちを取るかという…巡り逢いたくない選択を迫られるところだった。


妻の新しい軽自動車で、永源山公園から島地に抜けて仁保経由で山口市に着いた。
この間、1時間30分。
たぶんボクの睡眠時間は4時半。
鬼嫁も…ボクより寝坊の時間を勘案すれば…同じぐらいだろう。


鬼嫁に、
「気をつけて帰れよ」
と言いながら別れたが、昨夜は無理をせずに湯田温泉にでも泊っておけばこんな苦労が要らなかったのだが、ここ数日、母の様子がおかしくて、ボクが9時過ぎに寝ているのに、リビングにきては、ソファーに座り込むようになっていた。

その対応に困った鬼嫁が
義妹に相談したところ、
「一晩泊って様子を見てみるわ」
ということになったそうだ。

…色々なアクシデントがあったが、なんとか今日を乗り越えられた。

大雨による通勤障害や田んぼの水回り、そして母の介護など、ヤブ山家の危機管理はあちこち大変である。

モツベキものは…鬼嫁である。<完>

« 農ある暮らし② | トップページ | ちょっと疲れました »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55112931

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の危機管理:

« 農ある暮らし② | トップページ | ちょっと疲れました »