2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ヤブ漕ぎ | トップページ | 疲れました »

2012年7月27日 (金)

打ちにいったら加速度を増す

梅雨明けから土日で自由にできたのは、莇ヶ岳に行っただけだ。
でも、弱小ながら、愛すべき高校野球チームの玉拾いの一員としては、なんとか晴れの舞台は見届けたかった。

一昨日は仕事の合間を抜けて、母校の野球の応援に行った。
各選手の調子も分かるし、弱点も知っている。
OBの二人とともに、まるで自分のチームのように解説をしながら観戦した。

ボクは、決勝大会で7番に下げられた『アイツ』の調子が分かる。
「お前は!球を迎えに行っているぞ!」
と言いたかった。

「球を迎えに行く」
という表現は、野球を少しやった人なら分かる。
…わざわざ球速を増しながら打ちに行くことだ。

前に体重移動をしながら打ちに行くと、ちょっとでも球が速いと打てない。

自爆のような打ち方だ。
球は見極めて打つのが鉄則。


でも打ちたいときは、打ちにいってしまう。
体重を、前に移動しながら球を迎えるのでバットの振りが負ける。

わざわざ障害を自分で作るに等しい。
後輩がそれに陥っているのが分かっているのに、それが言えない。


…早く仕事をリタイアして、ボール拾いからサブコーチにでもなりたい。
あいつが1番か5番に座ると、相手チームにとっては脅威になる。


これは仕事と同じだ。
初めか最後にどんな奴がいるか…探り合いになる。
それぞれが、その組織の切り札だ。


…男の宿命


« ヤブ漕ぎ | トップページ | 疲れました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55293101

この記事へのトラックバック一覧です: 打ちにいったら加速度を増す:

« ヤブ漕ぎ | トップページ | 疲れました »