« 代休 | トップページ | お盆アラカルト »

2012年8月10日 (金)

お盆の悩み

今年の盆は、兄が母の見舞いを兼ねて帰ってくるし、我が子も全員帰省する。

鬼嫁は連日、汗だくになって布団干しをしているそうだ。
兄、長女一家、長男、次女の7人分である。
鬼嫁によると、
「押入れからいくらでも布団が出てくるのよ。恐らく10組は下らないわ」
という。

母屋は6年前に建て替えたが、半分は昔風の間取りにしてあるので、いくらでも雑魚寝ができるし、離れの和室も空いているので、少々の大人数でも泊まろうと思えば泊まることができる。
いつぞやは、息子がウッドデッキで寝ていたこともあった。


次はメシの問題だ。
このメンバーに妹家族も加わるだろうから、一体何人分の食事になるのだろうか。
ここまでくると、食事の支度というよりも「炊き出し」と言う方が正解かもしれない。

昨夏は長女家族が帰ってきたときにソーメン流しをやったが、今年はこれだけの人数になってもやるか?
ソーメンの量も半端じゃない。
おむすびをこしらえるにしても、一人2個の計算で…14~5人分として「30個」以上は必要だ。


さて、以上の問題は鬼嫁が頑張れさえすれば片付くが、ボクが密かに悩んでいることがある。
先日、魚の行商をやっている悪友から、
「お~い、例のベーコンが入荷したから取りに来い」
というメールが入った。

これはクジラのベーコンで、100g当たり1000円以上する「超高級品」。
のんべえにとっては、この世で最高のつまみである。

滅多に手に入らない代物で、しかも5㌔程度のひと箱単位でしか仕入れることができない…地球上で最も希少価値のある食材である。

これを悪友5人で共同購入する約束をしていた。
当然、僕には1㌔の権利がある。
少々値は張るが、旨いものは生きている間に食べておかないと、死んでも化けて出そうな気がする。

…そうなると、これを盆前に取り寄せたらどういうことになるか?

(随分迷った…暗黒面と必死に闘った)


…さっき、悪友に、
「盆明けに取りに行くから、冷凍庫にそのまま保管しておいてくれ」
というメールを送った。


昨日のぴっけさんのコメントに返信した「デビル」の仕業である。

「ロクに味の分からない奴等に喰わせるのはゼッタイ勿体ないぞ!」と耳元で囁いた。
…よし!みんなにはソーメンを存分にふるまうことにしよう。

めでたし、めでたし。
ボクは、『ダークナイト』である。

▼追記
この記事に対する批判的なコメントの受付は…中止しています。

« 代休 | トップページ | お盆アラカルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55393982

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の悩み:

« 代休 | トップページ | お盆アラカルト »