2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 物々交換 | トップページ | 遠隔操作 »

2012年10月15日 (月)

筋肉痛or精神痛


土日の野良仕事で筋肉痛が出た。
毎週のようにゴソゴソ動いているのに…。


たぶん社の参道整備のために、小笹とイバラが生い茂っていた土手を刈り取ったときの後遺症だろう。


参道入り口を終えると、社にあがってひとり黙々と汗を流した。
ぼ~として休んでいると、部落のじいさんが軽トラで裏参道からやってきた。

「お疲れじゃのう。若い氏がおると助かる…」
「ボクもあと数年で定年ですが…」
来週の共同作業用に少し刈り残して山を降りた。


ベランダで一息つく。
Tobinokoさんのような東屋が欲しい。
土地はあるが、金と技術力がないので夢に終わりそうだ。
ガリガリ君をかじって体を冷やす。


次は家の周りの草を刈る。
これで今シーズン最後になればいいのだが、温暖化の影響で雑草もまだまだ頑張りそうだ。

ついでに畑の周囲にも手をつけた。
周囲の雑草に押されて、畝がかなり狭くなっていたので、丹念に草を刈って、平グワで畝部分を復元する。

ちょうど昼になったので、再びベランダに座りこんで、
「お~い!缶ビールを持ってきてくれ!」
「お母様のお見舞いはどうするの?」
「日曜日にするから、早く持ってこい!」
「ウソになっても知りませんからね」
と、ダメ出しと一緒に貰う。


夏の暑い盛りと違って、秋風が吹くこの時期に外で飲むビールはまだ格別である。
少しきれいになった周囲を眺めながら至福の時を過ごす。


午後も同じ作業の繰り返し。
5時過ぎには切り上げて、ハイボールに切り替えて、再び至福の時間を過ごした。


日曜日も昨日の続き。
畑にスクモ(もみがら)を撒いて土を柔らかくする。
田んぼでは、カラス、スズメ、セキレイたちが小米をついばんでいる。
収穫を終えたので追い立てたりはしないのに、スズメ達はボクの姿を見ると一斉に飛び立つ。
カラスとセキレイはボクを無視している。


鬼嫁が無言の圧力をかけてくるので、昼のビールは我慢する。
40分かけて母の見舞いに行く。
今日も老眼鏡をかけて週刊誌を読んでいた。

「あれ?今日は何曜日かね?」
「日曜日」
「いま何月かね?」
「10月」
「稲はどんなかね?」
「もう刈り終えたし、モミすりも済んだよ」
「出来はどうかね?」
「8俵とれたよ」
「そりゃ~よかったね」
…先週の会話と全く同じ所からのスタートである。

車椅子に座らせて、海岸べりにある小さな公園で世間話をする。

1時間ぐらいブラブラして病室に戻ったら、妹が甥坊主を連れて見舞いに来たのでバトンタッチする。
今の調子だと、何だか母の方が長生きしそうな気がする。
兄は来週、結婚式で帰ってくるが、こんな姿を見たら安心するだろう。


家に帰ると再び作業着に着替えて、墓の近くで枯れ草を焼いた。
燃え上がる炎と空に舞う煙を眺めていたら、急にしんみりした気持ちになった。


下の方で妻の呼ぶ声がする。
風呂の準備ができたのだろう。

実家に帰ってきてホントによかった。


« 物々交換 | トップページ | 遠隔操作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55897692

この記事へのトラックバック一覧です: 筋肉痛or精神痛:

« 物々交換 | トップページ | 遠隔操作 »