« 秋晴れ | トップページ | 田舎人(酒仙童子)になりたいおじさん »

2012年10月 9日 (火)

夜なべ仕事

古米を送ることにしている宛先からメールが返ってきた。

「いつでも受け付けておりますので、着払いで結構です」


晩酌後のヘロヘロ状態で、倉庫の整理を始めた。


干してある玉ねぎの右にあるのは『稲わら』。
正月のしめ飾り用と、畑用に取っておいたもの。

雑に束ねているので恥ずかしいが、これも現実。
一人でやるのだから、恰好をつけている暇はない。
束ねてバラけなければ…それでいいのだ。


5俵入りの貯米器が、時代遅れで恥ずかしそうだ。

P1000218


(注)貯米器の上にみえる…藁で編んであるものが…ぴっけさんお気に入りの…『ほぼろ』…です。

これが奥の棚。

貯蓄米の袋が入っている。
今年は、さっさと送ろう。

P1000219

最後の写真は、倉庫の勝手口付近。

段ボール箱は、今週末、新宿に送る古米の山。


P1000220

また今晩も、夜中に汗をかいてパジャマを着替えた。

鬼嫁はブツブツ文句を言う。

でも、セレブのランチを食べたことに引け目を感じているようだ。

だから…目を合わせようとしない。

…よし、よし。

« 秋晴れ | トップページ | 田舎人(酒仙童子)になりたいおじさん »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

寝汗の原因は肝機能低下ではないでしょうか。

小生も春先、大汗をかきます。小生のは更年期障害でしょう。
汗をかいても、夜2回小便におきなければいけないよりましです。

焼きそば定食とセレブランチ、最近ママとも禁止令も出ているようですが、セレブ禁止令も発令しなければいけませぬ

目を合わせようとしないのは、おそらくランチ以外にコンバインより高い買い物をいっしょにされたのではないでしょうか。(爆)

▼はちべえどの
我が家は百姓貧乏ゆえ…高価な買い物は出来かねます。
恐らく…想像するに…昼のランチが2,500円だったので、ずっと引け目を感じているのでしょう。
ホントは、それまで…ボクは『角瓶』のハイボールだったのが、鬼嫁が帰ってきたときに『トリス』の水割りになっていたのを…不憫に思ったのでしょう。
『角瓶』が『トリス』…『ソーダ水』が『水道水』です。
きっと、鬼嫁には天罰が下ると思います。
なお、『ぴっけさん』は、特別天然記念物だと思います。…ゼッタイに…ありえません。


やぶやまさん 夜なべですか・・・。 
あまり 無理をなさらないで下さいね。
昔は 私が小さい頃、両親は冬には 縄をなえたり むしろを編んでました。

 やぶやまさん・・・ 我が家は 「ほぼら」がもう二つしか残っておらず 大切に大切に使わないといけません。編める人が 誰もいなくなりました。
 畔草をは運ぶのは 「ほぼら」が一番ですね。

▼ぴっけさん
無理はせずに適当にやってます。
体型がマグロ状態になって、動き続けないと死んでしまいそうな状態かも?
たぶん体内時計がボクを焦らせているんでしょうねぇ…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55854520

この記事へのトラックバック一覧です: 夜なべ仕事:

« 秋晴れ | トップページ | 田舎人(酒仙童子)になりたいおじさん »