2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 人工透析 | トップページ | 原因究明 »

2012年10月24日 (水)

アルバム

先日の息子の披露宴で、生い立ちから現在に至るまでの写真が大型プロジェクターで上映された。

二か月前、息子は自分のアルバムを持って帰ったが、その中から選び出したのだろう。


本来ならば、息子の成長の様子を感慨深く見なければいけないのだろうが、つい自分と鬼嫁ばかり見てしまった。

七五三の頃は、ボクも鬼嫁も猛烈に若かった。


鬼嫁に至っては、将来こんな恐ろしいおばさんになるとは信じがたい笑顔であった。

子供を連れて山に登り始めた頃の写真もあった。

ボクはまだ体重が50キロ台で、体型もすっきりしていた。
実に溌剌そうに見えた。

ところが今春の結納時の写真になると、太ったおじさんとおばさんが座っていた。


実にみっともない。

同じ人物とはとうてい思えなかった。

さらに驚いた。


披露宴のラストに、当日のスナップ写真が次々と流れ始めたのだ。

カメラ専門のスタッフが写真を撮っていることは分かっていたが、それをこの場で上映するとは知らなかった。


教会での結婚式、披露宴の様子が次々と映し出される。


そして、最後の最後のシーンは、先ほど終わったばかりの「親族代表のあいさつ」が大写しになったのである。

…そこには、すっかりおじさんになったボクがマイクを握っていた。


「ガーン!」


その夜、長女にそのことを話すと、クスクス笑いながら、


「これ みて!」


と手元のipodをいじり始めた。

なんと!


ボクの「親族代表のあいさつ」の動画が再生され始めたのである。

…しかも、音声付で…。

「あとでメモリカードを送ってあげるからネ」


「バカタレ! 要るか! そんなもん!」

…こいつも もうすぐ『鬼嫁』になる。

« 人工透析 | トップページ | 原因究明 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ついでに、両親の結婚式の様子をプロジェクターに流していたらどうだったでしょうか。

▼はちべえどの
その当時の映像は、まったく!ありません。
今でこそ鬼嫁ですが、当時、泣きすがりながら、
「お嫁にもらってください……」
と、泣いていたので(ホントはウソ泣きでした)、憐憫に思って…嫁にしてやりました。
ところが…先日の写真を見て、あの頃からすでに分厚い仮面を被っていたことが分かりました。
当の本人は、「しめしめ」と思っているので、ボクに対して何の遠慮も、深慮もありません。
…かしこ。by oniyome.

映像でとわに記録されてはたまらない、当日は御簾を用意してもらいます、でも御簾こしだと高貴な話しと奥ゆかしい和装が必要かも予想外の事態だ、全消灯の手段も考えられるがイーサンの連絡先が解らん、困った。

▼tobinokoさん
こちらもよく分からなくなりました。
いったいどんな大歩危?をかまそうと画策しておられるのでしょうか?
もっとプレッシャーをかけたい!
ギリギリまで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55963121

この記事へのトラックバック一覧です: アルバム:

« 人工透析 | トップページ | 原因究明 »