2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« お先真っ暗 | トップページ | 頼れる人 »

2012年10月 2日 (火)

鬼嫁考

鬼嫁は、ボクの職場つながりで旅行に行ったらしい。

そのつながりであれば、ボクにとって不利なこともあるまいと思っていたが、
今宵、ようやく鬼嫁から道中の話を聞いて笑ってしまった。


どうやら、
「似たもの夫婦」と「夫唱婦随」のジャンルがあるそうだ。


似たもの夫婦は、結婚前から、釣り合いのとれた夫婦。
夫唱婦随は、どちらかに似ていった夫婦。


鬼嫁が、
「なんで、あんたとすれ違った時に言葉を交わしただけで…みんなが私の夫と分かったのかしら?」
「ふふふ…お前はボクに惚れている…」
「ばか! そんなことを言っているのじゃないの!」


どうやら、鬼嫁とボクは似ているそうだ。

旅の途中で偶然出会っても、お互いに興味がないこと
二日ぶりに出会っても会話がないこと
お互い目を合わせないこと
「あれは誰?」と聞かれても、笑って応えないこと。


その言動が随分似ているらしい。
たぶん鬼嫁が真似したのだろう。

だから、今は缶ビール一杯だけだが、
そのうち、焼酎を一本空ける…はず。

会ってもあいさつをしないのは、ボクのせいです。

「おはよう」
…なんて言ったことがない。

« お先真っ暗 | トップページ | 頼れる人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/55799548

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼嫁考:

« お先真っ暗 | トップページ | 頼れる人 »