« 『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』を実践する | トップページ | イデオロギーを隠して野合する »

2012年11月15日 (木)

これが我が家

ボクは 家を建て替えるときに 

「数奇屋」風の家を建てたいと思っていた。

ブログに載せたくなかったけど、料亭を造りました。

H241115_005

…たぶん ウソです。

 
 
 
  
 
 

« 『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』を実践する | トップページ | イデオロギーを隠して野合する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここですか、お品書きに焼きそば定食と目玉焼きしかのっていない料亭は?

ボトルのキープもできるそうだが、裏でPETボトルに移しているらしい

▼はちべえどの
そこへ…しずしずと、鬼嫁が現れ、
「あれ…はちべえどの、そんなそ そそうを されて なりませぬ」
…と、いうような風景が浮かびます。
でも、これは料亭風景に見えませんか?
この奥に あの鬼嫁が…腕組みをして立っているのです。
…くわばらくわばら。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56119999

この記事へのトラックバック一覧です: これが我が家:

« 『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』を実践する | トップページ | イデオロギーを隠して野合する »