« しめ縄飾り(2年目:その②) | トップページ | 謹賀新年 »

2012年12月31日 (月)

今年の締めくくり

朝、9時から部落の社の準備。
ボクにしてみれば、それまで何をするか微妙な時間だ。
8時前から畑の様子を見たり、裏山を眺めて次はどの木を切ろうかと思案する。
でも時間が経たない。

30分前には社に上がった。
誰も来ていない。

そのうち、ちらほらと人が増えてきた。
本来は昨日準備するはずだったが、生憎の雨で今日に順延になった。

御燈明の電線を表と裏に這わせながら、
「ああじゃ、こうじゃ」と世話人がやる。

ボクは一番年下なので、あっちを手伝い、こっちを手伝いして…かなりくたびれた。
それも1時間で終了。


ナンバー3の長老が寄進した「しめ縄飾り」の手ほどきを受ける。
なるほど…一番初めの稲穂の薄皮剥ぎがポイントだった。
ボクのように、気が焦る若輩者には気が遠くなるほど丁寧な下作業だった。
あれほどしないと、きれいな「しめ飾り」はできないのだ。
…反省、反省…手を抜くな!!!!…反省しました。


昼前、母を見舞いに行く。
息子夫婦の写真と、家の周り・家の中の正月支度の写真を見せるつもりだったが、人工透析に出かけた直後だったのでUターン。


午後からに時間つぶしに弱った。
仕方がないので、年末に乾杯しながら映画を見ていると、結構おもしろい作品があった。
ずるずる呑みながら時間が過ぎた。


さて夕方になった。
今宵は、ボクシングのタイトルマッチと、BSのイノキボンバイエがあるのだ。
固唾を呑んで、第1戦を見たが凡戦。
イノキに変えたが、これは超凡戦。

井岡の試合はまともだった。
再びBSに変えて、藤田と小川のイノキボンバイエのメインイベントに期待を寄せたら、これが…超超…ひどい試合で…リングサイドを買わなくて良かった。


今年の反省。
手を抜かぬこと。
手間を惜しまぬこと。
名声を欲しがらぬこと。
自分を過大評価しないこと。
鬼嫁の仰せのとおりにすること。

それでは…みなさま、よいお年をお迎えください。

« しめ縄飾り(2年目:その②) | トップページ | 謹賀新年 »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56438604

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の締めくくり:

« しめ縄飾り(2年目:その②) | トップページ | 謹賀新年 »