« 寒日 | トップページ | 肩痛 »

2012年12月24日 (月)

寒日(二日目)

今日は光市でも雪が舞った。

朝から鼻水を垂らして、イチゴの苗を植えようと思ったが、

「??」…珍しく土が凍っていた。
霜柱どころではなく、地面がカチンカチンに凍っていた。


溶けるのは昼過ぎだろうから、山に入った。
先日以来の強風で、枯れ枝が散乱してすごい有様だった。

「ユズリハ」と「ウラジロ」が無事なことを確認して、山道の通行を確保する。


そのうち昼になったので、6ポットのイチゴを植えた。
とはいえ、先々週から石灰を撒いて、堆肥も入れている。

孫たちが喜ぶ姿を頭に描きながら、
「おいおい…オレはじいさん仕事か…」
と自問自答する。


鬼嫁と「うどん定食」を食べていると、
「あのね、庭の中で…どうしても、いけないものがあるの」
と言いだした。

蘭の仲間で、猛烈にはびこっている群生が数か所ある。

それをいきなり、
「二株だけ残して…全部、掘り起こしておいてね!」


ボクは辛かった。

鼻水は「たらたら」を通り越して…青鼻になりそうだった。
根を掘り上げ、何度も泥を落とた。


まるで昨日の作業の続きだ。
それを見て、鬼嫁は、
「いまだ!」
と思ったのだろう。


母が入院してから、庭を少しずつカスタマイズしている。
裏山も 畑も そうだ。


来週、母にこの写真を見せてみよう。

« 寒日 | トップページ | 肩痛 »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56386121

この記事へのトラックバック一覧です: 寒日(二日目):

« 寒日 | トップページ | 肩痛 »