2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 鈴の大谷山(島根県吉賀町) | トップページ | やっぱり野良仕事 »

2012年12月 7日 (金)

Char

ギターを弾かない人たちには極めてマイナーな記事です。


テレビのCMで、ギタリストの「Char」や世界中の音楽家が次々と演奏をバトンタッチするのがある。


一月ぐらい前に初めて聞いた。
たぶん、いつかのブログで書いたかもしれない。


実に乾いた、自然な音で、彼の天才的なリズムと音が最高だ。

ボクもあんな音と、ノリでギターを弾きたい。

あの音ならば、エレキでも12弦でもクラシックギターでもいい。

今日、久しぶりにそのCMを聞いた。

曲が変わっていたのが残念だ。

でも彼のテクニックと音感の良さには脱帽である。

それに引き換え、少し前に、谷村新司のBS特集を見たときの、
「押尾コータロー」の演奏が気になった。


彼も天才的なギタープレーアーとされている。
ラジオで少し聞いたことはあったが、防府のコンサートにも行けなかったし、きちんと聴いたことがなかった。

それが、突然、谷村新司のゲストで登場した。

音は素晴らしい。
しかも生爪で弾いている。
特徴であるハーモニックスも右と左を駆使して、超人的なテクニックだった。


でもちょっと失望した。

それは、いつかそのうち気が向いたら書こう。


とにかく、ついこの間までやっていた「Char」のCMの曲がよかった。

それが変わったので、頭に来ている。


今日の記事は、ボクの個人的な趣味で、特に、押尾コータローはその犠牲者かもしれない。
彼のファンの方にはごめんなさい。

ボクの真意は標題に尽きるので、悪しからず。

« 鈴の大谷山(島根県吉賀町) | トップページ | やっぱり野良仕事 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56271180

この記事へのトラックバック一覧です: Char:

« 鈴の大谷山(島根県吉賀町) | トップページ | やっぱり野良仕事 »