2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 肩痛 | トップページ | 騙されました »

2012年12月27日 (木)

しめ縄飾り(2年目:その①)

昨年のしめ縄飾りは、丸い輪を重ねた『輪飾り』しか作れなかった。

表に飾るにしては貧相なので、玄関飾りだけは鬼嫁に買わせた。
でも、来年は自前でやろうと心に決めていたので、今年は、予め鬼嫁に折り紙を買わせて、「扇」を作ってくれと頼んでおいた。

しめ縄のてっぺんに差してあるヤツだ。

「紅白の二色で、周囲の縁は金色だな。
 たぶん、短冊に折って、それを半分にたたんでくっつければ…扇形に拡がるはずだ…ボクは不器用だからお前が作ってみてくれ」
と念を押しておいた。


昨夜は忘年会で、いつものように駅まで迎えに来てもらったのだが、家に帰ってみると、こたつの上に「扇」が置いてあった。

まだ試作段階なので、写真ではお見せできないが、まあまあの出来だったので、細かい修正を申し渡しておいた。


ところが!
さっき帰ってみると、こたつの上に…袋に入った「扇」があった。


「あれ! 水引と扇を間違えて注文したっけ?!」

「う~ん、今日、買い物に言ったら…あったのよ」
と平然として言う。


「100円?」
「いいえ!150円」

「ばか! 買ったのか!?」
「だって、見つけたもん!」

「150円も出して…バカか!お前は!」
「これが いるんだったんでしょ!」


…心のつぶやき…
「おまえに作ってほしかった」
「せっかく見つけてきたのに この くそじじいが!」


…夫婦の心の実会話。

「昨夜、作っていたのに」
「だって…自信がなかったし、『ああ!これだ!』と見つけて買ってきたのよ」
「そうか…お前には…苦労ばかりかけて済まぬのう」
「いいえ…あなた…そんなつもりではありませんわ…」
「ホントに お前は いとしい ヤツじゃのう…」
「いいえ…あなたがおられるから こうして わたくしも 生きていけるのです」
…かしこ


…そんなことはゼッタイにない!


「ご幣」をさげるかどうかは決めていないが、こんな感じのものを作ってみたいと思っている。
…販売価格は1200円か。

扇だけも売っている。
立派なものでも50円ぐらいだ。
ところが、鬼嫁は、「150円」も消費しているのだ。


でも、一昨日、「のし」のような飾りはさすがに作れないので、180円のものをネットで注文した。
なんと送料が160円である。

びじんばさんのブログを見ると、水引の注文が殺到しているようなので、来年は、少し早めに、
「300円以内でできますか?」…(40円は値切るつもり)
と聞いてみよう。(はちべえどの経由で)


でも…、ボクが(はちべえどのが一緒に)、いくら頼んでも、
過去の数多くの男たちのように…

「ゴメンサイ!」
で、あっさりと断われられるような気がする。


値切ったことよりも、それ以前に、
「あ~ら…(あなたたちなの…だったら)、もう…ダメだめよ…」
と言われるにきまっている。

そこで、気を取り直して、我が家の原価計算をした。

今回は、色紙180円、のし340円、バカ嫁が買ってきた扇が150円だから、原価は670円。
あとのしめ縄、ウラジロ、ユズリハ、ダイダイは田んぼと山から調達できる。
おっとコブは買わないといけない。一切れは10円ぐらいかなぁ?
しめて680円だ。
680円に諸経費を50%のせれば…売値は「1,020円!」


これをスーパーに出せば…1200円あたりか?
なるほど…なるほど。


あとは、荒神様用に、「ごぼう締め」を作る予定。
昔、亡父が昔つくっていた。
母屋と離れの荒神様に飾ろう。


小さい時に父の手伝いをさせられているから、ネットで検索すれば、おおよその見当はつく。
しかし、この体験がなかったら大変だろう。

Tobinokoさんもブログで書いておられたが、昔の風習を復活させようとしても、実際に経験していなかったら、我流に過ぎなくなる。
一度絶えてしまうと復活することは難しい。


息子に見せておきたいのだが、どうやら嫁さんがツワリのようなので、年末に帰ってくるのは難しそうだと悲観していたが、29日の夜には帰ってくるようだ。


30日は、金毘羅様に連れて行って支度を手伝わせよう。
その後、初めて教えてやろう。

すでに歳をとりすぎているが、今やっておかないと、あとがないのだ。

…よって、「部落の行事、昔の習慣・風俗」のジャンルをつくりました。

by hachibee

« 肩痛 | トップページ | 騙されました »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56406529

この記事へのトラックバック一覧です: しめ縄飾り(2年目:その①):

« 肩痛 | トップページ | 騙されました »