2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 説得すること | トップページ | 雪 »

2013年2月 7日 (木)

角幡唯介

冒険家の書である。
彼はこれを書くことによって生活している。
それを糧として、スポンサーを募り再び冒険に出る生き方だ。

はちべえどのに紹介されて以来、読んでいる。

ボクが単行本を買うことは滅多にない。
ほとんどが文庫本である。

でも、ボクは気が短いので、
「読んでみたい」
と思った本は、値段に関係なく買う。


図書館で借りたらいいのだが、欲しいと思ったものは手に入れないと気が済まない。


先日、この二冊を買った。


001

両冊読んだ。

すさまじい冒険をやっている。

この時代、こんな冒険をできる人は少ない。

本を書いて、その著作料で冒険には行けないだろう。

だから、どうしても出版社の意向が働いている。

それが痛いように分かるのが辛い。


冒険家の世界でも越えなければいけないハードルがある。

獄中の『ホリエモン』は、どうしてこんなことに金を使おうとしなかったのだろうか?

自分が見たかった地球の姿ではなくて、地を這いまわることをしなかったのか残念でならない。


冒険家のしがらみをみて、サラリーマンの悲哀を一層感じた。

« 説得すること | トップページ | 雪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

雪男の方はちょっと落ちるかな
一見、ストイックに見えるけど、エッセイを読むと180度ちがうことがわかります。

探検家本人の著書ではないが

A・ムーアヘッドの「青ナイル」「白ナイル」「恐るべき空白」は古典
絶版と思います

▼はちべえどの
そうですね…雪男はちょっと…。
ボクが気になるのは、必ず再度現地に赴くパターンです。
もう一度、再度の冒険を読むのはモチベーションが下がります。
この書き方はやめた方がいいでしょう。
a.ムーアヘッドの著作は御目にかかったことがありません。
図書館にもありませんか?

恐るべき空白  県立
白ナイル   H市

青はなし  白ナイルだけでOK

了解

クリスボニントン  現代の冒険  県立

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56717461

この記事へのトラックバック一覧です: 角幡唯介:

« 説得すること | トップページ | 雪 »