2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 天秤と片棒を担ぐこと | トップページ | びっけ夫妻現る »

2013年2月22日 (金)

戸田奈津子

ボクの彼女ではない。

さっきテレビに出ていた。

分かる人には分かるが、洋画の字幕スーパーの翻訳家である。


2~3日前のNHKのラジオで、英語やドイツ語、フランス語を日本語に訳す場合は、訳者が紹介されるが、日本語を除く言語間の翻訳者の名前は何処にも出ないという。


つまり、欧米言語は共通事項に近いので、それは自動翻訳でもできるが、
それを日本語にまとめるには…作家に近い感性が必要らしい。

まあ…こうして変換作業をしているだけで、大変だが日本語は特殊なようだ。


話を戻して…、
戸田奈津子おばさんはすごく元気で、翻訳の極意のようなことを…まるで少女のように語っていた。
きっと洋画が好きなおばちゃんなのだろう。


「次の世代へ、この面白さをきちんと残したい!」
と、いうことを早口で語っていたが、元気な元気なおばちゃんだった。

いまどきの還暦世代のおばちゃんに見せたかった。

しかし、世は輪廻である。

早く、次に委ねてさっさとラストステージに向かいたい。


固執はいけない。

周囲の意見も無視しないと、「よいしょ!」ばかりになる。

静かに 目につかぬように そっと渡したい。

それが ヒトの存在意義だと思うんですがねぇ…。

戸田奈津子さん!

« 天秤と片棒を担ぐこと | トップページ | びっけ夫妻現る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

海賊版をファイル交換で観ていた頃には『アナル男爵』と名乗る翻訳家もいて迷訳も楽しめた。
画像は劣悪だったけど何時間もかけてダウンロードして翌夜みるのは寝酒のつまみとしては良かった。

<前後するコメントけどハスクのヘルメット羨ましい、1/10のイヤマフで代用しているカタチから入りたいtobinokoも負けた気がしてくる残念だ>

実は私も・・・ハスクのヘルメットが羨ましい。
現在私は「耳栓して・・・それがずれないようにバンダナで固定」という「へ」のような姿です。
映画等でもこういうヘルメットかぶってますよねぇ。
良いなぁ~。
ただ私の場合、頭が巨大なので入るかどうかの心配もあります。

▼tobinoko & Aprilさん
ハスクバーナのヘルメット…カッコイイでしょう!
ふふふ!
アゴ紐は標準装備されていませんでした。
こまったな…と思ったら、イヤマフを装着すると…あら不思議!
それでピタリ!とヘルメットが固定されるのです。
これを被ると森のレンジャーになった気になれます。
オレンジ色がとにかくいいですなぁ…ふふふ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56818643

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田奈津子:

« 天秤と片棒を担ぐこと | トップページ | びっけ夫妻現る »