2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« なめこの続き | トップページ | 農業所得 »

2013年3月10日 (日)

畑の開墾(ほぼ完成形)

煤竹を洗おうかと考えたが、開墾畑が完全に済んでいなかったのを思い出した。

最後のエリアを四つ鍬で耕していなかったので、ヒーヒー言いながら鍬と手で砕いた。

風に乗って白梅、紅梅の花弁が飛んでくる。

我が家には紅白の梅がある。
特に、紅梅は深紅でなかなか美しい。


008


 
 

次に、畑の角にある雑木の根っこを掘りだすことにした。
いつもつまずいて邪魔になっていた。
これが手強かった。
スコップ、バール、ノコギリを持ち出して格闘すること10分。
ようやく掘りだした。


001

ようやく開墾畑の全貌がはっきりした。

これが南側からの写真。

004


こっちが最後の開墾エリアだ。


005

北から見た全景。
なかなか立派な『ヤブ山農園』らしく見える。


006


その後、昔からの畑の様子を見にいった。
こちらには、玉ねぎ、ジャガイモ、レタス、キャべツ、人参、大根、スナックエンドウ、パセリ、シュンギク、いちご…を植えている。


よく見ると…いちごの花が咲いていた。


007


3時過ぎから母の見舞いに行く。
最近は日曜日の夕方に行くパターンが多くなった。
どうしても昼にビールが飲みたいので、土曜日はその誘惑に負ける。
日曜日の昼は、鬼嫁の監視がきつい。

母は病院内のタオルをたたむ奉仕作業をしていた。


« なめこの続き | トップページ | 農業所得 »

畑の開墾(人力)」カテゴリの記事

コメント

農園長は良く頑張りました。石油系燃料を使わずに、植物系アルコール燃料で行うなど見習いたいものです。

▼tobinokoさん
よく頑張ります。
細君が褒めてくれるでしょうなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/56928080

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の開墾(ほぼ完成形):

« なめこの続き | トップページ | 農業所得 »