2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 農の中での暮らし | トップページ | 見えぬ »

2013年4月15日 (月)

あいつ

今朝は、家のそばの母校に出張?だった。

いつもよりも2時間遅く出られるので、鬼嫁は休日モードの起床である。
ボクはそんなことに関係なく5時過ぎの起床時間には目覚めてしまう。

畑の巡視をしたが時間が経たない。
「普通の日はどうしているのだろう?」…と思うぐらい時間が余った。


ちゃんと仕事の話をして勤務場所に向かったが、陽光がまぶしい。
どうやらボクは夜人間かドラキュラになったようだ。


さっき話したことや、気掛かりだったことが一気に褪せていく。

これが『Richt』の功罪である。
新鮮なものを殺戮する。


しかし、それでもなお生き延びるものがある。
それが原点となる。


それは小さなホールドにすぎないが、酔ったボクは、いつものように『あいつ』と語り合うのだ。

« 農の中での暮らし | トップページ | 見えぬ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


やぶやまさん、
あいつ・・・と言えば、昔 イルカが唄っていた 伊勢正三の曲を思い出します
大好きな曲で 学生の頃、ギターを弾きながら いつも歌っていました。

 やぶやまさんが 語り会う「あいつ」と 横道にそれて ごめんなさい。

▼びっけさん
そんな歌がありましたか…。
あいつは あいつ ですかね。
酔っ払いにお付き合いいただき…ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/57180456

この記事へのトラックバック一覧です: あいつ:

« 農の中での暮らし | トップページ | 見えぬ »