2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ことばの壁 | トップページ | 温度差とフレミングの法則の互恵関係について »

2013年5月16日 (木)

ことばの壁Ⅱ

酔っ払いの戯言に対し、ぼっちさんが真面目に突っ込んできたので補足しておこう。

人類が手にした最高の道具は『ことば』である。
それに間違いはない。

しかし、「山」や「川」といった実体を表すものから、「勇気」や「真理」といった実体のないものを生みだしてしまった。
ここで人間の奢りが始まった。

そして、誰かの予想どうり…『文字』という最強の武器を手にして、またたくまに人間界を席巻した。

ボクが『必要悪』とケナしたのは、『ことば』があたかも実体を表しているという盲信がはびこっているのが許せないからだ。


目の前のリンゴを指して、
「あなたが作ったリンゴは赤い」
は許せるが、

それを見ないまま、
「あなたが作ったリンゴは赤い」
と言うことができるようになったのだ。


『ことば』は、非常にデリケートで危険な道具だったはずだ。
だから、これを使うときには注意が必要である。


昨夜のブログは、某人の無神経な発言に怒りを感じたので、
「推論や持論を展開するときは…ことばを心して使え!」という意味で書いたつもりである。


ただし、昨夜書いたように『必要悪』は本音である。

人が他人と意思疎通をするために手に入れた道具が、人と人とが誤解を生む温床になっている。

真実を表現しようとして手に入れた道具が、逆に人をおとしめているのだ。


ぼっちさんが指摘したように、『ことば』を操る人が悪いのであって、『ことば』そのものは真理の世界にあるべきものなのですが、たぶん、人類は、『ことば』を得るために、神と『ある約束』をしたと思っています。

何かを生贄にしたのか、なにかを捧げたのか?


そうでないと、この人間界の混沌が説明できません。
それが表面に出ていようと、きれい事を言おうと、これだけの道具を手に入れながら結論を見いだせない理由が理解できません。


たぶん、これが『業』であり、昨夜書いた『必要悪』と罵った所以です。


…ここまで書くと論理的に破たんしておりますが、酔っ払いの戯言ブログなので、これにておしまい!


« ことばの壁 | トップページ | 温度差とフレミングの法則の互恵関係について »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

失礼しました。

「盛大なオフ会」で決着をつけましょう。

▼ぼっちどの
やけに素直ですが…そうしましょう。

これですましてもらえるかと思っていたら、
「やけに素直」ときましたか。

ご存じのとおり僕は素直ではありません。
100行くらい書いて、98行削除しています。

後はお楽しみに…

言葉の失敗が多くて後になり落ち込むことの多い加害者側のtobinokoには耳の痛い内容ですね。

思いやりを欠いた言葉や、軽い冗談のつもりでも相手に伝わらずずいぶん周囲に
迷惑をかけてると思う。

言葉の本質云々には理解の無いtobinokoです。
不愉快な書き込みも有るかも知れませんが、しょうもない親爺だと許して下さい。
悪意はありません、ただ書いている途中から、まとめ切れなくなってしまったまま送信してしまう酔っぱらいなのですから。

▼tobinokoさん
お互い、過去と未来のことは、これでご破算にしていただければ…幸いです。
是非そうしましょう。
お互いのために。

tobinokoさま

「盛大なオフ会」でお会いできますように!
楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。

ぼっち様、「盛大なオフ会」の招待は無いですが、たとえ有っても諸事情により参加できる可能性は低そうです。

▼tobinokoさん
オフ回の件ですが、夏に『みささファクトリーパーク』でやろうと思いますが、三葛でも参加は無理ですかね?
奥さまのこともありますので無理強いはできませんが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/57398122

この記事へのトラックバック一覧です: ことばの壁Ⅱ:

« ことばの壁 | トップページ | 温度差とフレミングの法則の互恵関係について »