2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« No3 | トップページ | 努力は報われるか »

2013年7月 7日 (日)

土日の日記

いつから書いてないか分からなくなった。

昨日は、下関まで雨の中で仕事。
新鮮なことを味わった。
いつか書く。


その後、息子の子供に会いに行った。
赤ちゃんは可愛い。
ボクは怖くてだけなったが、鬼嫁はだっこして嬉しそうだった。

三人の孫をこれからどうするのか知らんが、あやしながらいつまでも遊んでいた。

ボクは小さなな赤ちゃんを抱くなど…怖くてできない。
ましてや…出産に立ち会うなど、おぞましくてできなかったが、どうやらバカ息子も色々かこつけて、生まれた後に恐る恐る見にいったらしい。

まあ…それが正常である。
嫁の出産に立ち会うなどということはしない方がいい。
あれは女性の静粛な儀式である。
男は終わった後に、「よくやった」と声をかければよい。

今日は日曜日。

H2576_burogu001


H2576_burogu006

H2576_burogu008


 
 
 
 
 
 

さて、どれがどれだか分からないが、家の周りを公園のようにきれいにしました。

みんなから褒められました。

近所のこどもたちも日が暮れるまで遊んでいました。

草刈りは楽しい。嬉しい。みんなが喜んでくれる。

でもボクは燃費が悪いので、たぶん…混合の消費よりもビールの方が多かったと思う。

これから暑い夏だ。盆過ぎまで草刈りは続く。

みんなのために頑張ろう。

  
 
 

ついでに備忘録。

来週、地元の自治会で金毘羅社の掃除があるので、草が生い茂る参道を下からずっと刈り上がった。
自治会の人が掃除に来るので、そのための準備である。
自分で草を刈りながら、なんだか…小学生の田植えの校外学習のような気がした。


tobinokoさんやびっけさんの部落では、まだまだ結があるのだろうが、我が部落は百姓をする家は数軒になって、お手伝いをお願いするのは新興住宅の人たちだ。
校外学習の部類である。


来週刈るところを少し残して、一服して山を下った。


そういえば、ボクがひと月前に、「ひとりで…全部刈った方が早いんだけどな…」
と嘆いたら、鬼嫁の名言が飛び出した。

 いまは あなたひとりで 守れるかもしれないけど
 ずっと 守ろうと思ったら みんなが毎年でもいいから 
 少しでも 手伝うようにしたほうがいいと思うよ
 そうしたら みんなが やるよ
 
 だから あなたが ひとりでやるよりも
 人に手伝ってもらうようにしたほうが いいよ


なるほど…トドも考えることはできるらしい。

 

« No3 | トップページ | 努力は報われるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


やぶやまさん

 おめでとうございます。

 夫が 最近よく
「孫が 抱いてみたいね。」
って 言うようになりました。

 なんか 希望っていうか
 託したい思いのようなものが やっぱり どこかに
あるのでしょうね・・・

 喜び 希望。。。ですよね。
 

余った野菜を草刈りのおみやげに出す

>なるほど…トドも考えることはできるらしい

これを「トドの妻理」という

あ、この「トド」はボラのことか

まあ、しょせん、ほら話ですが

▼びっけさん
お二人おられるのですから、
「どうでもいいから…さっさとヨメに行け!」
と追いだせばあとはどうにかなると思いますが…。
それからは授かりものですから、どうにもなりませんが…。
それにしても、孫がそんなに欲しいですかね?
欲しがると遠ざかるのが世の常ですから、とりあえず、
「な~にも気にせんでええから…とっととヨメに行け!」
でええんじゃないですかね~のんた。

▼はちべえどの
『つまり』のオチを半日考えていただき、ありがとうございます。
まあ…そのような思おじさんたちの目論見をもろともせず、
「ぐぁ~ぐぁ~」
と、今宵もトドは寝ております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/57744718

この記事へのトラックバック一覧です: 土日の日記:

« No3 | トップページ | 努力は報われるか »