2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 調理に関する基本問題について | トップページ | 伝えたかったこと »

2013年7月27日 (土)

天命を知る

昨夜は周南山の会の人たちと終電まで呑んだ。

はちべえどのに一次会のあとで見捨てられたが、のこのこ11時過ぎまで呑んだ。
鬼嫁は天女のような顔をして、駅までまで迎えに来てくれた。

さて、今日は唯一の休日である。
六時過ぎには起き出して、今日一日の日課を考えた。

鬼嫁が7時過ぎにようやく起きてきた。
目を合わさないように、口もなるべくきかないようにして飯を済ませた。


この時期、朝の草刈りは11時前までである。
計画どおり、家の前と後ろを刈った。

10時過ぎに道路で休んでいると、見知らぬおっさんが通りかかった。
どうやら散歩かウォーキングのようだ。

目礼をしたら、いきなり話しかけてきた。

「いつもきれいにしておられますね。広々としていいですね」

「どうも…でもこうして草刈りばかりですから」

…昼に、缶ビールを呑みながら思った。

ボクの天命は…「草刈りをして、昼にビールを呑む」ことに違いない。

ただただ呑んだくれているとバチがあたるが、草を刈れっておれば至極まっとうである。

こうして…58歳にして天命を悟ったボクは、金毘羅社にお参りに上がった。

…でも、今月がボクの当番なだけだ。


社を解錠して、社殿の榊をやり替える。

P1000817


境内を履き清める。


P1000818

参道を下りながら、峨ビ山を俯瞰する。


P1000819

それから6時半まで再び草刈りをした。

さっきまで晩酌を頑張ったが、気がついてみると、ボクは『鬼』になったばかりなのに、天命を知ってしまった。


天命を知った鬼は、どういう行動をとるべきなのか…しっかり考えなければならないが、もう眠くなった。

« 調理に関する基本問題について | トップページ | 伝えたかったこと »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

oniyome 様
>はちべえどのに一次会のあとで見捨てられた

これは間違いです。ご主人は店を出る前に「帰りましょう」といわれていながら、店にでると、駅の方向とは反対の方向に歩き出しました。てっきり、誰かに送られたと思っていました。

それにしても、ご主人はしっかり太っておられました。ビールの飲み過ぎです。県内最重量ハイカーの地位を譲るのは時間の問題です。草刈りのあとには生のトマトを出しましょう。ビタミンCが一杯です。冷蔵庫には「勝手に飲んではいけません。中のビールは私のです」と張り紙をはっておきましょう。

ビールの変わりに「芋焼酎 鬼嫁」

▼はちべえさま
おかしいですね?
主人は、「はちべえどのは反対の方に歩いて行った」と申しておりました。
土日のビールの呑みすぎは困ったものです。
ぷくぷくしてきました。
それにひきかえ…はちべえさまは、やまんばさまから、
「スマートになった」
と言い寄られていたそうですね。お幸せに。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/57875683

この記事へのトラックバック一覧です: 天命を知る:

« 調理に関する基本問題について | トップページ | 伝えたかったこと »