« 男の矜持 | トップページ | 日本ジャンボリー »

2013年7月31日 (水)

夏野菜

晩酌の突き出しにエダマメがでてきた。

開墾畑の普通の枝豆である。
まだ若い。
「豆の味がせんのう」
といいながらビールを呑む。


次は天ぷら定食。
玉ねぎ、ゴーヤ、オクラ、ごぼうのかきあげ…そしてカボチャであった。

カボチャは、鬼嫁の次に嫌いなモノである。
見た目は悪いし、旨くない。
野菜としての品格に欠ける。
「食べられるから…いいでしょ」
という厚かましさがある。
もっと痩せたら許してやるが、今のままでは抹殺したい野菜である。


鬼嫁はボクの心情は分かっているはずだ。
それを確信犯で、わざと天ぷらにしたのだろう。

トドのような振る舞いで横に座りながら、
「カボチャは…まだまだ、いっぱいなっているから…食べないとね」
と嬉しそうに言う。


トドは海で生きるくせに、陸の野菜…カラスも食べないゲテモノが好きなのだろう。


今年は夏野菜を思いきり植えたが、それが次々と収穫時期を迎えて弱っている。
来年は好きなものだけ植えよう。

くれぐれもカボチャだけは植えまい。
あれはカラスも食わん。
トドだけが食うものだ。


ついでに思い出した。
パンプキンスープ…は人間が食べるものではない。
ましてや冷たいカボチャのスープは食文化の恥である。


これもついでに書いておくが、『冷麺』は食わず嫌いの最たるものである。
あれはいけない。
最低の調理である。
ラーメンは温かく、湯気が立ち上るものである。

あれを冷たくして人様に差し出すとは言語道断である。


冷麺好きの鬼嫁に言わせると、
「ラーメンを冷たくしたものではない」
と言い張るが、所詮、カボチャ好きが言う戯言である。


食べ物の恨みは恐ろしい…と言うが、ボクはカボチャとつきあいたくない。
見るのもいやだ。
苗の頃は可愛いが、実がなってくるとおばけである。


とにかく頭に来る。

« 男の矜持 | トップページ | 日本ジャンボリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/57901731

この記事へのトラックバック一覧です: 夏野菜:

« 男の矜持 | トップページ | 日本ジャンボリー »