« 鬼もヘロヘロ | トップページ | がんばる…じいちゃん »

2013年7月16日 (火)

読まず嫌い

現在、日本の作家で一番売れているのは村上春樹らしいが、ボクは一冊も読んだことがない。

いや…正確に言うと…5~6行読んだことがある。
数年前、鬼嫁が娘からプレゼントされた『ノルウェーの森』だったと思うが、手にとって読み始めたら猛烈な嫌悪感に襲われた。

翻訳本かと錯覚するような文体だった。
もしかして翻訳を意識した文体ではないか?と訝ってしまうような文章が並んでいた。

思わず鬼嫁に、
「これが売れてるの? 翻訳小説じゃないか」
と呟いたら、
「あなたの性には合わないでしょうよ」
と速断された。


村上ファンには申し訳ないが、たったこれだけで読まず嫌いになってしまったのである。

難解なレトリックと壮大な話の展開がすごいらしいが、ついていけなかった。


ボクは斜め読みが得意だが、マジメに読むことだってある。
でもこの文体だけは…体が受け付けなかった。


日本の小説の至極は…『夏目漱石』だろう。

そして、思想的なものは…『埴谷雄高』である。


タイムマシンがあれば、この二人が存命している時代に行って、顔を合わせて話をしてみたい。
この歳になったら未来を見る気持ちはない。

あの時代のあの人がどんなことを考えていたかを…語り合いたい。

聞いてみたいことは一言だけ。

それは…本人に面と向かってでないと…言わない、書けない、話せない。

« 鬼もヘロヘロ | トップページ | がんばる…じいちゃん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ただ今読み始めた本
『マチュピチュ探検記』 マーク・アダムス

マチュピチュを発見したビンガムの探検をたどろうとするもの

もちろんトレイルで

といえば、なんか角幡 唯介の『空白の5マイル』を連想させるではないか?

果たして?


う~ん、3分の1読んだところでちょっとちがうなあ 山歩きではあるが
著者が探検家ではなく取材記者だから

▼はちべえどの
冒険記は大好きです。
色々読みましたが…それを書くということは難しい。
商業ベースで校正が入っても、現場の雰囲気を出すのは、当初のタッチがすべてでしょう。
初めのデッサンが悪かったら、あとはいくらいじってもダメです。
書くというこことの難しさは…このブログで十分分かります。

お互い、お酒も飲まず嫌いだと良かったのですが。

連休が続くtobinokoは昼にビールを飲む習慣が付いて
これでは24時間体内からアルコールが抜けないのではと
心配しながら誘惑に負けている。

手が震えたり、幻覚が見えたりしたらきっぱりやめようと思うのだが
その時はすでに手遅れなんだろうな。

Y氏はアル中の心配も無縁の酒豪なんでしょうね。

▼tobinokoどの
酒豪であれば忙しくて、こんなブログなんぞ書いてはおりません。
最近はすぐに酔ってヘロヘロになります。
仕事の日は夜の8時まで…と、晩酌を焦っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/57804785

この記事へのトラックバック一覧です: 読まず嫌い:

« 鬼もヘロヘロ | トップページ | がんばる…じいちゃん »