2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 雨中の草刈り | トップページ | 沿道を見て思うこと »

2013年8月25日 (日)

天罰かなぁ…

野良仕事を愚痴った天罰が下った。

明け方、大雨の音で目が覚めた。
かなり強い雨だ。

田んぼが心配になって薄暗い中、様子を見にいった。
水口はきちんと止めてあるし、溢れた水は水路に落ちていたので一安心。


新聞を読んでいると、外が台風の様相を呈してきた。
大嵐である。
外にも出られなうような暴風雨が30分続いた。

イヤな予感がする。
たっぷり雨を含んだ稲が強風を受けるとどうなるか…。

倒伏である。

暴風雨が過ぎ去ってすぐに様子を見にいった。


001


…案の定だった。
上の田んぼの一部がかなり倒れていた。
まだ完全に倒伏はしていないが、水面まで垂れると発芽する。

もう少し水が引いたら、3~4束を結束して倒れないようにするしかない。


畑の様子を見にいった。
…悲惨であった。

002

実のならない『丹波の黒豆』はズタズタ…。
幹ばっかりよくできていたので、暴風雨にはひとたまりもなかった。

夕方、幹を起こしながら足で踏んで廻った。
今年は完全に失敗のようだ。
肥料をやりすぎて、幹ばかり育って、肝心の実がつかないようだ。


このほか、ナスビやピーマンも倒伏していた。

起こしては支柱を立て替えたが、元のように元気になるかどうか分からない。

夕方、田んぼはあきらめて畑の復旧作業をした。
ヤブ蚊がまとわりついて、イライラが募る。

また愚痴を吐きたくなったが、再び天罰が下りそうなので、

「ケセラセラ」


みなさんのところは 大丈夫でしょうか?

« 雨中の草刈り | トップページ | 沿道を見て思うこと »

野良仕事・山仕事」カテゴリの記事

コメント

それはぐちったのが原因ではありませぬ

額にひえぴたシートを貼ったトド様のお怒りのせいです。

しかし、スイカ防衛隊は成功して、お孫さんが食べられたのでしょう?

今年はかぼちゃがあまりできません

▼はちべえさま
トドとは、まさか…私のことを指しておられるのですか?
夫は…そのようなことを申したことはありませんが、世の男衆は、私のことをそのように見ておられるのですか?

スイカは食べましたよ…孫が帰ってから二日後に。
バカ夫が、カラスから隠したために、私もすっかり忘れておりました。
完熟を通り越して、私のようになっておりました。
かしこ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/58062927

この記事へのトラックバック一覧です: 天罰かなぁ…:

« 雨中の草刈り | トップページ | 沿道を見て思うこと »