« 体と心の関係 | トップページ | 中秋の名月 »

2013年9月18日 (水)

直すか買うか

先日、鳥避けネットのテグスが絡まって頭にきた。
ほつれを戻すよりも新しいテグスを買った方がよっぽどマシだと思った。

最近の電化製品は修理するよりも買い換えた方が安い…という話を実感した。
安物の商品は、ほとんどが人件費の積み上げである。


今のテレビやパソコンは、材料を仕入れることができれば誰でも作ることができる。
…いや、組み立てたら完成品になる。
そのための人件費の勝負である。


なんでこんな話を書くか?
…実は、我が家の水屋の扉が壊れたのだ。

一昨日、鬼嫁が、
「蝶番が壊れたみたいだけど…直せる?」
と上から目線で話しかけてきた。


調べてみると、留め金具が疲労骨折して、取り換えないとどうしようもない状態だった。
「たぶん…もうダメ! 買い替えたら?」
「そうですか…ほかに頼みます!」
とそっぽを向いた。


今日、帰宅したら、鬼嫁がキッチンで腕組みをして立っていた。
「さあ…攻めるぞ!」
という姿勢である。


「なに?」
「家具屋さんに来てもらったら…この金具はもう生産していないって!
でも代わりの金具を探してくれるって!」
「よかったじゃない」


…晩酌をしながら詳細な説明を聞いたところ、この水屋は結婚当時に買ったものだった。
その後、もう一さお買った記憶があるので、山口からこっちに戻ってくるときに廃棄した水屋がてっきりそうだと思っていたが、こっちが本物だったらしい。


そのことを正直に話したらこっぴどく叱られた。
「あなた! これは 結婚した時からずっと一緒なのよ! 信じられない!」
「へぇ~(そんなことしるか、バカタレ)」

うるさいもの、太ったもの、怒るもの…などは、修理するよりも(修理できないものばかりであるが)、買い替えた方がよろしい。


…なにもかも

« 体と心の関係 | トップページ | 中秋の名月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>うるさいもの、太ったもの、怒るもの…などは、修理するよりも(修理できないものばかりであるが)、買い替えた方がよろしい。

▼ヤブ山どの
愛妻をそのように言ってはいけませぬ。

▼はちべえどの
そのお言葉…どこかで誰かに書いたような気がします.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/58220596

この記事へのトラックバック一覧です: 直すか買うか:

« 体と心の関係 | トップページ | 中秋の名月 »