2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 代休 | トップページ | 紺屋浴金毘羅社秋の祭礼のお知らせ »

2013年10月30日 (水)

悟り

高速道のETCを通過するとき、前のトラックが突然ハザードランプをつけて停まった。

なにやら不都合があったのだろう。
係員が陸橋を渡って即座に処理して、渋滞していた車列をさばいてくれた。


高速道路を毎日走っていると、時々変なことが起こる。
特に、週末や連休前後になると多くなる。


いつぞや…ETCを通過しようとしたら前の車がいきなり急停車した。
そのうち後退ランプがついて下がり出したので、あわててクラクションを鳴らした。
ボクの後ろにも数台の車が並んでいたので、あのままバックされていたら前後がペシャンコになるところだった。


もっと怖かったことがある。
その車は、ETCをほとんど停まりかけながら慎重に通過した。
「慣れてないのかな?」
と、思いながら少し距離をとって付いて行った。

やがて合流車線に入り、少し加速しながら後や真横を見ながら、
「いまだ!」
というところで本線に合流しようとしたら、その車はいきなり急停止したのである。

たしかに本線の車は多かったが、それでも追い越し車線に変更したり、減速する様子もうかがえたので、普通のドライバーならタイミングを見計らって合流できるはずだと過信していた。

ところがこの車は、さっさと諦めていきなり停まってしまったのだ。
ボクもびっくりしたが、後続の車も驚いただろう。

そのうちゆっくりと左側に寄ったので、ボク以降の車は、おばちゃんを横目でジロジロ見ながらさっさと本線に合流した。
おばちゃんは、その後ちゃんと合流したかどうかは知らない。

次は先日のこと。
小雨の中、カーナビに事故の表示が出た。

徳山西ICの合流地点で、軽自動車と普通トラックが追突事故を起こしていた。
なんだか…あの時のおばちゃんの軽自動車に似ているような気がした。


すると、すぐに赤い発煙筒の煙が見えてきた。

トンネルを抜けた地点でパトカーが停まっていた。
どうやら至近距離で連続事故が起こったようだ。

ちょうど富海PAの所で、上り車線と下り車線の間にかなり高低差がある。
その法面の中間地点にトラックが横倒しに倒れていた。

下に落ちたのではない。
斜面を這い上がって行って、横倒しになっていたのである。
「登り車線に行きたかったのかなぁ…」
と思いながら通り過ぎた。

2年半の高速通勤で悟ったこと。

土日・連休時には、必ず変な車が増える。

おばちゃんが運転する車には絶対に近づかない。

大手運送会社以外の長距離トラックの横を追い越すときは死ぬ覚悟で行く。

追い越し車線を走っているとき、バックミラーに高級車又はワゴンタイプか普通トラックの工事車両が見えたら、迷わず走行車線に逃げる。

石油メーカーのタンクローリー車と、大手運送会社のトラックのドライバーは優良運転手として表彰してあげるべきだ。

おねえちゃんか、若葉マークを付けた若いにいちゃんが運転する軽自動車の最低速度は約120㎞である。

ボクの車の走行速度は…その日の気分に反比例する。

まともなのは…早朝の通勤時間帯のみんなだけ。

…まだまだあるけど、眠たくなったので、おしまい。


« 代休 | トップページ | 紺屋浴金毘羅社秋の祭礼のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/58483211

この記事へのトラックバック一覧です: 悟り:

« 代休 | トップページ | 紺屋浴金毘羅社秋の祭礼のお知らせ »