2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« そうか… | トップページ | ふぅ… »

2013年11月28日 (木)

解説委員のひとりごと

最近の鬼嫁は、時事問題をはじめとして舌鋒鋭くなってきている。
それぞれの問題点の急所を指摘し、鋭い突っ込みを入れてくるようになった。

ボクは次第に酔って来る頭で、適当に解説している。

鬼嫁は、やっと成長してテレビやネットで色々な考え方を習得しているらしく、知識も主張も立派になってきたので、腕組みはしないまでも…自信ありげな発言が出てくるようになった。

そこでボクがどう解説してるかといえば、評論家の存在意義と、実社会の矛盾について語っている。

なぜ、基礎的な研究が必要なのか。
なぜ、評論家がのさばるのか。
そこへ、なぜ政治家が現れて、無理な方向に舵を切っているのか。
…酔った頭で説明をする。


「でも、なんで…そんな悪い方向に行くんかね?」
とのたまう。


ボクは、いつも最後に言う。

「人間世界には…明暗、プラスとマイナスにような変なものがある。
 力が強かったり、声が大きかったり、数が多ければ…のさばる。
 それはそれでいいのだが、それを邪魔する…いというか、冷静に見つめる遺伝子が残っている。
 それがなければ、とっくに終わっているのだが、それを許されない。
 滅亡するのが先か、見つけるのが先かも知らされていない。
 だから……」

この辺りで、鬼嫁が、
「あんた! もう酔うたでしょうが! 早よう寝んさい!」
と宣言する。


ボクはもっと言いたいけど、頭が爆発しているので、
「ねむたい…」
と言いながら布団にもぐりこむのだ。


« そうか… | トップページ | ふぅ… »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

ヤブ山(チョーサン)鬼嫁様(志村けん)てな感じの夕べのひと時。
ヤブ山家平穏のご様子何よりです、日本の家庭はまだまだ健全だ。

▼tobinokoさん
平穏なら苦労はしません。
進化し続ける『トド』に手を焼いております。
…ホントです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/58660903

この記事へのトラックバック一覧です: 解説委員のひとりごと:

« そうか… | トップページ | ふぅ… »