« 理論と実践 | トップページ | 地下に生きる »

2013年11月 1日 (金)

薬箱と調合

ついでに書く。

昇華して取り出したものは、それぞれの箱に納めておく。

必要な時にそれを開けて、中身を確認する。
だから箱は多いほどよい。
しかも、できるだけ独立したものが理想とされる。


それを眺めては、現実と照合しながら、単体にするか、調合するかを考える。


焦ってはいけない。

でも人間は焦ってしまう。

だから他人に委ねてしまう。


このDNAが邪魔で仕方がない。

それを『業』と称する。

…でもボクはまだ認めたくない。

« 理論と実践 | トップページ | 地下に生きる »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/58495286

この記事へのトラックバック一覧です: 薬箱と調合:

« 理論と実践 | トップページ | 地下に生きる »