2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« いろいろありました | トップページ | おじさんはえらい »

2013年12月23日 (月)

さん

一昨日から末娘が帰ってきている。
正月に帰れないから、この三連休に「帰ってきてあげた」そうだ。

ボクはすぐに話すことがなくなるが、鬼嫁はいろいろとあるらしい。

目が覚めれば、二人が「ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ」としゃべっている。

時にはボクの悪口を言っているようで、ボクの方を二人が見ながら目を細めてしゃべっている。

それを尻目に開墾畑を天地返しをした。

20回打ったら鍬に腕をかけて…空を見上げて休む。
すぐに息が上がるようになった。
情けないがこれが現実だ。

2年目の畑はフカフカしていた。


001


夕方、末っ子を連れて母の見舞いに行った。

認知症を患っている母だが、すぐに○子と分かった。

「おばあちゃん!元気そうじゃない!」
「まあ…○子もお嬢さんになったね」
と会話が成立している。


でもすぐに何度も同じ会話が続いたので、末娘にもおばあちゃんの状況が分かったようだ。

その時の会話で、母が、ボクのことを
「○○さん」
と言っていた。

帰り道、末娘が、
「どうして おばあちゃんは おとうさんのことを ○○さん と呼ぶの?」
と聞いてきた。


「お父さんが 大学に行った頃からじゃないかな」
「どうして 子どもを さんづけするの? 呼び捨てでしょ」

「それが 昭和女」
「ふ~ん しょうわ おんな か…」


「おまえは いつまでたっても 呼び捨てだ」
「…たぶんね」

「そうか…おとうさんだけ さんづけ なのか…」
「あたりまえじゃ」


家に着いたら、ちょうど鬼嫁が弁当をこしらえたところだった。

鬼嫁と末娘が車で駅に向かったが、ボクは外まで見送らない。

おとうさんは そんなセンチなことには つきあわないのだ。


「おとうさん」なのだ。

« いろいろありました | トップページ | おじさんはえらい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/58808433

この記事へのトラックバック一覧です: さん:

« いろいろありました | トップページ | おじさんはえらい »