2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 心眼流 | トップページ | 1月5日 »

2014年1月 4日 (土)

1月4日

10時から金毘羅社の片づけ。

山に上がる途中、隣山のKさんが選定をしていたので新年のあいさつをする。
「境界を刈ったの?」
「氏神様をお参りするのに邪魔になったのでキワを刈りました」


「モロバ(うらじろ)をもらいました」
「なんぼでも採ってええから」

最近の役員は、いつもの10人ちょっとしか集まらない。
これが最大。
来週の新年会は20人がやっとだろう。
動けるのはこの10人ぐらい。
見渡す限り宅地が広がったが、これだけで頑張るのだろう。


片づけは1時間で済んだので、裏山の根ごりを開始。
10年前の竹がまだ枯れない。
昔はすぐに枯れたが、今は難しい。ずっと残るようになった。


これを全部きれいに除けないと夏に草が刈れない。
ボロボロ寸前の竹を掻き出して放り投げる。


001


 
 
 
 

昼に休む。
温かいので焼酎を止めてビールにする。

正月早々に裏山の根ごりをするとは思わなかった。
すぐに肩が痛くなる。
これも歳のせいだとは思うが、このところの疲労が早い。

004


 
 
 
 
 
 
 
墓の横まで戻って眺める。
もじゃもじゃの山を7割は間伐しないといけないと、自分で決めている。

でもその前に、写真ではよく分からないが、ササと枯竹が猛烈に残っている。
これを焼いて前進しないと元の木阿弥になる。


ここできれいに根ごりをしていかないと、夏に草が刈れない。
めんどくさがりで大ざっぱなボクだが、これだけはしっかり身についた。


三月までに竹とササと雑木を焼いて、山背溝を掘る。
そうしないと、雨が降ったら大変だ。


自分で自分をを守る。
誰も助けてはくれない。
 
 
 
 

007


« 心眼流 | トップページ | 1月5日 »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

お酒が好きな方が世話役になられて、新年会用のお酒がなくなったという風の噂を聞き、本日、些少ながらお賽銭をお供えしましたので、酒代として、否、金比羅様の維持運営にお役立ていただければ幸いです。

暖かそうな裏山の様子、さぞかしビールが、いや間違えました
仕事がはかどったことでしょう。

数年すると見違えるほどきれいな、手入れされた裏山が現れるでしょうね
期待しています。

▼はちべえどの
そういえば参道を下る人影を何となく見たような気がしました。
幟を片づけて家に戻ってからだったと思います。
ご芳志ありがとうございました。
11日に役員による新年会がありますので…遠慮なくいただきま…。

▼tobinokoどの
今日も頑張りましたが、家の裏の急斜面なのでロープを張って、おおまかにチェーンソーでカットし、最後はノコギリでゴリゴリやりながら退避するという段取りです。
進捗は僅かなもの。
生きている間になんとか巨木の森にしようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/58883584

この記事へのトラックバック一覧です: 1月4日:

« 心眼流 | トップページ | 1月5日 »