2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 送り火 | トップページ | 地獄を見た男 »

2014年2月 2日 (日)

担い手不足か?

さっきテレビで、農業の担い手不足をやっていた。

当たり前だ。
数町の田畑があっても生計が立てられるわけがない。

ましてや、その集合体の連中で構成する農業生産法人で食っていけるわけがない。


それをバカなテレビは、求職面接会でなかなか希望者が現れないことをいいことに、
「担い手不足です」などと、ほざいていた。


その画面で、いかにも成功しているような施設型の農作業風景を流していたが、それで生計が成り立つならとっくにやっている。

「あほか!」
と叫んだ。


どうしてこんなにきれいごとを言うのだろうか。
生きて行くことは大変なことだ。
自営業にしてもサラリーマンにしても生半可には生きていけない。

後の担い手を考えながら農業をやっている人が、いったいどれだけいるというのだ。

ほとんどの人は、無理してあとを考えないように暮らしている。

将来のことは想像だにしたくない。

「どうでもいい」のではなくて、「考えたくない」だけである。


国家レベルの農業と、田舎でやっている農業は違う。

誰が 誰に 遠慮し、 誰が 誰を 邪魔しているのだろうか?

たぶん、みんながもたれあって 責任の所在が消えている。

早く幻想を早したいが、妖しい妖艶は 人を虜にする。

« 送り火 | トップページ | 地獄を見た男 »

部落の行事、昔の習慣・風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59057887

この記事へのトラックバック一覧です: 担い手不足か?:

« 送り火 | トップページ | 地獄を見た男 »