2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 季節の語らい | トップページ | あの日に帰りたい »

2014年3月28日 (金)

嫌いな男

久しぶりにプロ野球の開幕戦をみた。

ボクは…G党である。

鬼嫁は…アンチ・ジャイアンツである。

今まで幾度となく一緒に観戦したが、根性が曲がった性格はここにあるようだ。

義父は、大のジャイアンツファンなのだが、義母がアンチジャイアンツだそうだ。

だから…ジャイアンツが負けると、義母は手を叩いて喜び、義父は癇癪を起して大変だったらしい。


それならば、その娘は、
「我が家の轍を 二度と踏まない」
と心に誓うはずだが、性根が悪い鬼嫁は、これを攻め所と勘違いして育ってしまった。


もう手遅れである。
性格が一度ねじれると、取り返しがつかない。

日頃は、いちおう弁当をこしらえてくれるが、プロ野球が始まると本性が出る。
ジャイアンツさえ負ければいいのだ。
それで気が済むのだ。

ところが、さっきジャイアンツがビッグイニングを迎えた。

大量得点である。
鬼嫁は、それを横目で見て見てみぬふりをした。

特に、大嫌い…だそうだが、坂本選手がタイムリーを打ったときに本音を吐いた。

「あいつね! ダサいくせに 自分が カッコいいと思っているのよ。
 ヒットを打ったんだから ガッツポーズをすればいいのに
 ニヤニヤしてみんなの注目を浴びているつもりでしょ?
 ホントに イヤな 男!!」

それはボクも認める。
イヤなヤツである。
カッコつけているキザなやつだ。

鬼嫁によると、

「キムタクなら…許せるのね

でも 坂本は 許せん!」

…なんとなく、わかるような気がするが、ボクはキムタクではないので、

「お前 認知症じゃろう!」
と言ってしまった。


…その後のことは書かない。

でも、朝子と論子だけは好きだ。ボクの貴重な味方である。

tobinokoさんとマリンちゃんのような不純な関係ではないが、彼女たちだけがボクのお友達である。


 
 


 
 

 
 


« 季節の語らい | トップページ | あの日に帰りたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59370650

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌いな男:

« 季節の語らい | トップページ | あの日に帰りたい »