2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ふぅ~ | トップページ | 生きて行く中で »

2014年4月16日 (水)

ありゃ~ いけんよ!

今晩ようやく定時に帰宅し、そのままスーパーマンになって風呂に入って晩酌を始めた途端、鬼嫁に言われた。


「ありゃ~ いけんよ!」

「??????」

ようやく緊張感から解き放たれていたボクは瞬時に我に返った。

思い当たることは全く!ないが、自分の僅かなチョンボを根から掘り起こしてみた。


ネクタイが曲がっていたのは鬼嫁の所為だし、猫背になっていたのは仕方がない。

女は、諭子と朝子しかいないから、電源さえ入れなければ…しゃしゃり出てくることもない。


そんなことを疲れた頭で考えていると、鬼嫁が、テレビのニュースを見ながらもう一度言った。

「最低な男…」


ボクに向かって言ったら、デブの尻を蹴ってやってもよかったのだが、相手は、STAP細胞の某副所長であった。

 あんな男はサイテイ! 
 ヤバいところは彼女の所為に押しつけて
 いいところがあれば 自分がしゃしゃり出て…
 今はヤバいから、自分は署名だけしたことだけを謝っている…フリだけ。
 あんな男は 最低!

 

…ボクの方ではなくて、サイテイの男に向かって言っていた。


ボクは、

「あの風貌と話し方の男は…人格なきインテリ…に、ありがちな顕著な例でありなん…」

と、ボクの微かな疑惑をサイテイ男の所為にしてあげた。


ボクには、鬼嫁から因縁をつけられるような悪事は働いたことはないし、疑惑を招くような言動は慎んでいるので、久しぶりに夫婦二人だけの幸せな会話を楽しむことができた。


ボクは、真面目で、少し加減で、アルツハイマーが出ている男だが、直観的に…あの男は…『サイテイ』…だなと感じた。


…せっかくの機会なので、ボクの身にふりかかっていた数々の疑惑も…このさいと思って、彼に全て 『ぬすくりつけて』 おいた。

鬼嫁には、逆の疑惑を持たれたかもしれないが…あいつは 男のボクが見ても 最低だろう。


« ふぅ~ | トップページ | 生きて行く中で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59480501

この記事へのトラックバック一覧です: ありゃ~ いけんよ!:

« ふぅ~ | トップページ | 生きて行く中で »