2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 共感を得る | トップページ | 中干し…ができない »

2014年6月27日 (金)

なぜヒーロー・ヒロインを欲しがるのか

仕事を定時に切り上げて、晩酌を始めた。

テレビで宍道湖のシジミの再生に向けた特集番組をやっていた。

再生の切り札があれば、とっくにやっているのだが、

「これが切り札!」
のような編成であった。


「研究がそのまま通用したら みんな苦労はしない!」
と愚痴った。

鬼嫁が、
「あなたね この人はそういうつもりで出ているんじゃんないから そんなことは言わない方がいいわよ」
と諭した。


「お前は 諭子か!? 起きられんくせに!」
…と、心の中で言ってやった。

この番組は最低であった。

某研究者のように、宍道湖の傍で自分の研究の経緯や結果を語らせ、あたかもそれで最良の成果が見込まれるかのような映像を流していた。


研究と実践は…永遠に終わらない。

どちらをないがしろにしても成果は得られない。

それを愚弄するような…功を焦った編成だった。

そんな番組を放映するなら、どこかでつまらぬ小説でも書けばいい。
それがイヤならきちっとした論文を書けばいい。
それに自信がないから映像で誤魔化そうとしたのだろう。

世の事象はそんなに簡単に説明できないし、変えられない。

それがどんなに理不尽であっても、それができないのはなぜか?

それを考えないままに、

こんな最善の方法がある

こうすれば いいじゃん


というノリで開陳されたら…おじさんは 怒るのだ!


この事象を前にして、勉強と成績と研究と努力と地位とお金と後悔と反省と運と時間と忍耐と傲慢と偶然と気象と磁場変化と…全てをいっぺんに説明してくれたら許してやろう。

そしてそれをボクの目の前で実践してくれたら…褒めてやろう。


ものごとを ひとことで 片づけようと…思うな! バカたれ!

…自省の言葉である。

« 共感を得る | トップページ | 中干し…ができない »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント


ヤブ山さん・・・厳しいなあ。

私は きっと やぶやまさんに 叱られっぱなしです。

でも、だから だから 頑張れます!

 「お前、甘いぞ!。」
って 私を叱って下さい、やぶやまさん。

▼びっけさん
編集者の視点がおかしいと怒っているのです。
研究者をいきなりその場に引っ張り出して…「今まで研究してきたことを語って下さい」
と誘って作った番組だと思いました。
当の研究者本人はそんな意図は知らないまま、登場したような雰囲気だったので怒りました。
今の時代は、そんなさりげない誘惑があちこちに仕掛けられています。
それを自然に流しながら、真実を語る達人が必要なのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59886569

この記事へのトラックバック一覧です: なぜヒーロー・ヒロインを欲しがるのか:

« 共感を得る | トップページ | 中干し…ができない »