« ブロックレシーブ | トップページ | 共感を得る »

2014年6月25日 (水)

既存不適格人間

さっき外に出て夜空を眺めていたら、このタイトルが頭に浮かんできた。

『既存不適格』…は、建築基準法でよく使われる。

以前は、合法的に建てられたが、その後の法改正により違法状態となっている建物に使われる業界用語である。

たとえば、今では4m以上の道路に接していないと住居は建築できないが、その法改正以前に建てられたものは仕方がないから、次に立て替えるときには基準を守ってくださいね…というルールである。


既得権は尊重されるので、経過措置としては理にかなったものだろうが、実際の運用になるとこれを悪用する輩も出てくる。


それは固定資産上の問題だが、これが人間の問題になると話がややこしくなる。


人間は、その時代に合わせて生き方や考え方を変えていかないと…流れに追いつけない。

それを分かっていようがいまいが、個人にとっては関係ない。


それを『既存不適格』とみなされて、優しく迎えてもらえるか、忙しくてかまってもらえないかという岐路がある。


しかも、それを分かっているか、主義主張だけでやっているかという個別の事情もある。


ボク自身、今の流れがおかしいと思うことが多々あるので、今宵突然、頭に浮かんだ今日のタイトルが身にしみてきた。


つまらぬ流れに巻き込まれたくない。

それともボクがつまらぬ意地を張っているだけなのだろうか?

すでに書かれているかもしれないが、『既存不適格人間』 と称して、半分真面目で、半分不真面目なことを書いてみたい。

隙間をかいくぐるのではなくて、正々堂々と自分の立場を語ってみたい。


« ブロックレシーブ | トップページ | 共感を得る »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59876197

この記事へのトラックバック一覧です: 既存不適格人間:

« ブロックレシーブ | トップページ | 共感を得る »