« なぜヒーロー・ヒロインを欲しがるのか | トップページ | 真夏の夜の夢 »

2014年6月27日 (金)

中干し…ができない

今宵は酔ったので、もっとストレートに思うことを書こうと思ったが、自重して比喩に委ねることにする。


稲にとって 『中干し』 は成長するための重要な期間である。

人間と同じであろう。

成長するときは野生に戻して放っておいた方がいい。

ところが、今でもこの時期は与えられているが、そう安々と生きてはいられない時代になった。

ホントはこの時期にしっかり根を張って地に足をつけたいのだが、いろいろなことが気になってそんなこともしていられないのだ。

根が張れない。

周囲は期待している。

悪いことに気候がずれている。

それも気になる。

みんなが注目している。

どうしてもその目が気になる。


それを無視すればどうでもいいが、稲は…立派に成長することが期待されている。

この時期には成長しないといけないのだ。

しっかり根を張らねばいけないのだ。

その期待に気づいたら…「もっと頑張らねば」と自分に負荷をかける。


それに耐えきれなくなったら投げ出せばいい。


うまく乗り越えたら誇らしく振る舞えばいい。


でもね…それは それだけのこと。

たまたま…そうなっただけだから、それを嘆いたり威張っても仕方がない。


自分に僅かな時間が与えられた時、何を考え、何をしようとしたか?


それを後悔しないように そっと自分のことを見ておこう。


中干しは 一回きり だ。


次のチャンスは 交配までやってこない。

これは 違う次元の変化が必要になる。


こんな変化点をごちゃまぜにすると…取り返しがつかなくなる。

今のボクのように。


« なぜヒーロー・ヒロインを欲しがるのか | トップページ | 真夏の夜の夢 »

ビジネス・人生論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59886746

この記事へのトラックバック一覧です: 中干し…ができない:

« なぜヒーロー・ヒロインを欲しがるのか | トップページ | 真夏の夜の夢 »