2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ホントの田植え | トップページ | 指で探る »

2014年6月 9日 (月)

昭和レトロ

今日は、現場の様子を見に行ったのだが、面白い人が多かった。

いま家に帰ってみると、嫁さんの理解があるかが勝負の分かれ目だということをヒシヒシと感じた。

柳井のおっちゃんはすごかった。

それにも増しておばちゃんは卓越していた。


仕事の話をして、帰り間際、倉庫の差しかけにあるものを見つけた。


「○○さん! こりゃ~発動機じゃありませんか?!」


「おお! 分かりましたか!?」

「ええですねぇ…こりゃ~ええですねぇ…」


「これが かかるんですよ!!!」


それからは、そのおっさんと発動機三昧であった。


倉庫前に置いてあるのは、まだまだ見せかけだ。


倉庫の裏にもう10台以上あるそうだ。


それを見にいく間に、おっちゃんはガソリンを持ってきて、クランクを回そうとしていた。


「いきなり…ガソリンか灯油ですか? 重油はどうですか?」

こうして尋ねたら…おじさんの心は撥ねあがる。


顔がさっきまでと違う。


「待ってました!!!」
の表情だった。


「初めは ガソリンで 点火します」

「ケッチンは くらいませんか?」


「あるんですよ! 痛いのがええんです」

「ええ音 ええ匂いですね」

「ええでしょう…」


…ここで、奥さんがひとこと。


「ヤブ山さん 持ち上げんで下さいね。
この人はこれを褒めてもらえたら…うれしゅうて、うれしゅうて…また、買出しにいくんです」

このおっちゃんは、元々童顔なので、
エンジンをかける時の顔がなんとも言えず、嬉しそうだった。

奥さんは呆れて…「まあ、いいか」の表情であった。

よし! あと10年は、こんな道楽で楽しもう。

きっと面白いはずだ。


とにかく、こんな道楽を許してくれるのは…嫁さん次第である。

ボクは恵まれていないが、柳井のおっさんの嫁さんが、

「また、あんた 人に見せるのかね!」

という表情がリアルで、いま思い出しても、面白くて仕方がない。


 
 
  

« ホントの田植え | トップページ | 指で探る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545713/59788748

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和レトロ:

« ホントの田植え | トップページ | 指で探る »